/

この記事は会員限定です

さらに円安加速なら 安倍政権の「戦術的けん制」も

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

最近の円安加速を日本の当局は特に問題視していない――。今週に入り、円相場が一時7年8カ月ぶりに1ドル=122円台に下落したが、安倍晋三政権の要人から特段のけん制発言は飛び出していないため、マーケットでそんな見方が出ている。安倍政権は円安による経済や市場環境の好転を歓迎するスタンスを基本的には維持しており、現状程度の動きなら問題だとは考えないだろう。とはいえ、円安がさらに加速するようなら、速度調整を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン