2017年11月18日(土)

金属3Dプリンター、「大田区」変革の起爆剤に
最新機器、第1号の納入は町工場

(1/2ページ)
2015/3/19 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 板金加工・製缶を手掛ける東新製作所(東京・大田)が最新の金属3Dプリンター(積層造形装置)を導入し、精密金型事業に参入した。門外漢の金型に打って出られたのは、新しい装置を手に入れただけではない。3Dプリンターを開発したベンチャー企業や大田区などのものづくり中小との連携があった。

 同社は1970年の創業以来、製缶・板金加工を手掛け、水処理関連、公共事業関連が主力。2012年に父親の敏氏から社長を引…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報