藤村前官房長官「維新に勢い、首相は年内解散決断」
(3月15日付朝刊政界面関連インタビュー)

2015/3/15 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

野田佳彦内閣は民主党政権で最後の内閣となった。小沢一郎元代表に近い勢力が党を割るという犠牲を払い、自公両党の協力を得て消費増税法を成立させた。苦しい決断の連続だった野田氏を官房長官として支え続けた藤村修氏に話を聞いた。

――野田内閣の成果と心残りは何ですか。

「(増税法を含む)社会保障と税の一体改革関連法を成立させたことは歴史に残る。自民党も野田内閣がやってくれてありがたいと思っているだろう。党…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]