/

この記事は会員限定です

グローリー、脱「カジノ銘柄」を阻む内憂外患

[有料会員限定]

金銭機械大手グローリーが株式市場で「カジノ関連銘柄」と位置づけられて久しい。国内でのカジノ解禁を巡る報道が伝わるたびにグローリー株への買いは活発になった。ところがカジノが解禁となっても実際の収益貢献度はさほど大きくはなく、最近ではニュースに対する株価の反応は鈍くなってきた。そのうえ「カジノ銘柄」から脱皮するには、気がかりな内憂外患が迫る。国内での地方銀行の再編の動きと中国での需要減速だ。

グローリーは銀行の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン