面接官が語る「こんな学生は嫌われる」

(5/5ページ)
2015/3/12 7:00
保存
共有
印刷
その他

30歳代男性
私はインターンの講師を務めたことがありますが、確かに非常識な学生が増えていることには賛同します。タメ口の学生もいますね。しかし、一見「暗い」タイプの学生が、1週間一緒にいると、実は黙々と裏方でバックアップに回っていることに気付けたり、逆に人当たりは良くても、自己中心的というケースもあります。人間は、他者との関わりの中で、どのような人間か見えてくるのではないでしょうか。やはりグループディスカッションは有効だと思います。
40歳代女性
面接する企業側も、結局、求めているのは、主観的に「良い枠」に属する学生なのだから、学生たちがマニュアル化対応しかできないのは仕方ない面もあると思います。日本社会では、生まれた時から型通りに成長することが「無難」とされる中、自分の言葉で個性を表現するという矛盾したことを就職活動で求めるのは無理があるのでは?教育も社会も企業も根本的な変化が必要です。
60歳代男性
面接者の力量は?
50歳代男性(運輸)
そもそも就職の面接で学生のその時点の本性を見抜いたとして、それが何の役に立つのか逆に訊きたい。その会社の仕事が出来るかどうかが最も重要でしょう。
70歳代以上男性
面接者の能力次第
70歳代以上男性(コンサル・会計・法律関連)
見抜けないとしたら、それは「面接官」の技量の限界だと思います。姑息かもしれませんが「ひっかけ質問」を用意して、それに対する反応をチェックすることだってできますね。
70歳代以上男性
私的な経験から言えば面接の評価が悪かった学生が会社に入ってから伸びたこともあり、その逆もあった。本性を見抜くには面接する側の資質が大く影響する。
70歳代以上男性
ある程度のところまでは判るが、わからないところの方が多い。入社後も何年も経ってやっとわかるのが普通。
50歳代男性(電気、電子機器)
面接はしたことないですが。ある程度の年齢になってくると、この人はAと話しているが内心はBだなということがわかるようになりますよ。話している人は騙せているつもりですが。だませると思うのは坊やだからです。
60歳代男性
学生は面接訓練を受けており受け答えにそつがなく、面接官としてはとても短時間の面接では本性を見抜けなかった。
40歳代男性(通信サービス)
実際、新入社員のなかにはとんでもなく人間性に欠ける人材が混ざっている。
30歳代男性(情報処理、SI、ソフトウェア)
本性を見抜ける優秀な人事がいるのなら会社がエクセレントでビジョナリーなカンパニーになっている
70歳代以上男性
面接官の、社会経験と、会社内の体験の度合いが大きく左右すると思う。設問だが本性をみぬくのは難しい。プロの裁判官、弁護士でも本性を見抜くのは、永遠の課題と思うからです。
50歳代男性(食品、医薬、化粧品)
面接側も、理屈をつけるが、その時の学生の見た目、印象、パフォーマンスで選んでいる訳で、のときだけの判断なので、勿論演技も可能なため難しいだろう。学生も採用担当を通し会社を見ているからお互い様だろう。
40歳代男性(電気、電子機器)
普通に考えたって、現実だってそうでしょ。あんな短い時間で見抜ける訳がない。
40歳代男性(旅行)
短時間で人間の本性を見抜くのは極めて困難だと思う
60歳代女性(放送・広告・出版・マスコミ)
所詮キツネとタヌキのバカしあい。今の若者はブリッコが上手く、身辺調査でもしないと本性は見抜けない。
70歳代以上男性
今の面接のような短時間で本性が見抜けるような単純人間ばかりなら世の中、面白くない。
50歳代男性(不動産)
本性を見抜くのは所詮無理だ。採用に際して必要な点の確認という程度ならば、面接で可能だろう。
70歳代以上男性
100パーセントではないが
60歳代男性(電気、電子機器)
質疑応答でかなり見抜ける。判明しづらい学生は採用しない方針です。
40歳代男性(放送・広告・出版・マスコミ)
人の本性見抜けるほどの逸材なら、一企業の人事課などではなく、天下国家を左右する重職に就くべきですw。
50歳代男性(金融・証券・保険)
面接対策はかなりすごいです。入社後に愕然とする子がたくさんいて、人事部の見抜けなさに憤りを感じる…。毎年のことです。
40歳代男性(その他製造)
数分の面接で見抜ける人にお会いしたい。見抜けると思っている採用担当者なんているんでしょうか?
30歳代男性(建設)
難しいが、時間と手間を掛ければ可能

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
保存
共有
印刷
その他

就活探偵団2016

電子版トップ



[PR]