面接官が語る「こんな学生は嫌われる」

(3/5ページ)
2015/3/12 7:00
保存
共有
印刷
その他

アパレル 緊張のためか、身ぶり手ぶりがどんどん激しくなっていく就活生が時々います。手が生き物のように常に動き回っており、そちらに目がいってしまい就活生の話す内容が頭に入ってきません。

読者ネットアンケート

面接で学生の本性を見抜けると思う?

受付は終了しました

 サービス メンタルの弱い学生は増えている。極端な例ではガクガク震えて面接が続行できなくなるケースすらある。以前は性格診断テストの一部を使ってメンタルの強さをはかっていたが、どうも不十分なので今年からはメンタルをはかる専用のテストを導入することにした。

ITソリューション メンタル関連ですが、いかにも自信がなくうつむいてボソボソ話す学生も少なくない。あまりにひどいと怒る気もせず、かわいそうになってしまい、「そんな応対ではこの先大変だよ」と人生相談みたいになったことがあります。

■面接終了後も人事は見ている

――面接官の神経を逆なでする「非常識な言動」とは……

IT大手 グループディスカッションを終えた就活生たちと社内のエレベーターで乗り合わせました。選考が終わった解放感があったのでしょう、試験内容がどうとか面接官がどうとか言いたい放題。エレベーターに乗るとき、私にドンと肩でぶつかったのに謝ることもなし。すぐに履歴書を取り寄せてその集団を特定し、落としました。本社近くで見たときは態度が悪いのに、面接でこちらが人事とわかると「よろしくお願いします~」と豹変(ひょうへん)する学生もよくいますが、印象は悪いです。

教育 昨年の面接で女子学生にほかに内定を持っているかどうかを聞いたところ、「A社とB社の内定を持っていますが、どうせ記念受験なので行く気はありません」との返答。最終的に内定を出すかどうかの時、社長にそのエピソードを話すと「内定は出さない」となりました。さらに社長から「どうしてその場でそのような態度をいさめないのか」と私もきつく叱られ、反省しました。

人材 面接で「最後に何か聞きたいことはありますか」と尋ねると、ある就活生は「御社のいいところを3つあげてください」。言われたとおり3つ答えると「もっとほかにないんですか」。これにはカチンときました。また、「僕はこういう人間ですが実力はあります」と、わざと自分を横柄に見せる学生もいましたが、「営業の場でそんなことをやると損するだけなので、金輪際やめたほうがいいよ」とアドバイスしました。就活のテクニックのひとつかもしれませんが、テクニックに走ると見透かされて落とされます。

■探偵団から一言

常識をわきまえ、自分の言葉で語ろう。

 次回は3月19日(木)に掲載予定です。

(齋藤勇紀、松浦龍夫、皆上晃一)

 「お悩み解決!就活探偵団」では読者の皆様からのご意見、ご感想を募集しております。こちらの投稿フォームからお寄せください。就活探偵への就活生からの疑問は日経就職ナビのホームページから受け付けています。これまで寄せられた主な疑問もご覧になれます。

読者からのコメント
海外修士留学中さん、20歳代女性
学生だけでなく、採用面接担当者の方々も、より良い人材を確保するためのリクルーティング・コミューケーション力が必要であると考えます。採用担当者側が、自然な言のキャッチボールになるよう先に誘導すれば、緊張する就活生側も徐々に応じてくると思います。
50歳代男性
おおまかには、1.正解を気にするあまりマニュアルから出られない傾向、2.内輪の態度と、外見に差がある傾向、を読み取りました。なるほど。 しかし、細かいコメントは状況がわからないと共感できない者もあり、常識の範囲で読みました。
ちひろさん、30歳代女性
10年以上前に就職活動していました。当時も氷河期で、まだ資料請求ハガキを使ってた頃です。私は幸い数社から内定をいただき、就職しました(今の会社とは違う会社です)。人事の人に聞きたい。何がやりたいのかを聞いて、それに沿った配属にしてくれますか?もしくは数年後に異動がありますか?最初の会社でやりたい事とは違う支店営業に回され、今の会社でもやりたい事とは違う部署に配属された。今の仕事はやりがいがある。でも最初に配属された部門から動ける事は殆ど無い。やりたかった事は他の部門、その部門に配属されることは無い。今の私ならこう言います。「会社の知名度に惹かれました。やりたい事は御社で仕事をして給料をもらう事です」配属出来ないのなら理由を明確にして、そんな質問はしないで下さい。
40歳代女性
就職活動の支援をしており、楽しみに記事を拝見しました。実際にこうした学生がいることも確かなのだと思いますが、事例に出てくる学生の行動は、面接中の学生に限らず、「人としてどうか」の低レベルなものであるように感じますし、こんなに低次元な学生ばかりでもないように感じます。「確かにありがちだが、社会人としての経験のない学生だからこその行動」といった、年齢や経験によるギャップを感じる事例はたくさんあると思います。
30歳代男性(コンサル・会計・法律関連)
面接する側もされる側もマニュアル化されている傾向があるので、本性は見抜けないと思います。
50歳代男性(卸売・小売業・商社など)
試験しても意味ない。学校の成績書で4年間何をしてきたのが分かるし、面接をすれば社会人として使えそうか否かが分かる。
50歳代男性(機械、重電)
面接は、する側もされる側も、ある意味、武装している。短い時間の中では、武装は解けない。別の仕組みと組みあせないと、本性は見抜けない。
60歳代男性(素材)
人生60年を超えれば、相手が何を考えているのか考えていないのか位はわかると思う。
40歳代男性(電気、電子機器)
マニュアル通りの面接では無理でしょうね
60歳代男性
中途採用の面接官をやったことがありますが、短時間の面接で本性を見抜くのは難しいものの、個別面談で40~50分程度かければ大体分かると思いました。新卒採用面接にどの程度時間をかけられるかが問題です。
60歳代男性
時勢は演劇の様相です。
50歳代男性(機械、重電)
5分や10分の面接では無理。仮に「本性」なるものが見抜けたとしても、同じような性格の学生ばかりを採用することが会社にとって良いことなのかどうかという疑問がある。
40歳代女性(金融・証券・保険)
大学の演劇部の女子大生が面接官の価値観、好みをいち早く察知して演技したら全社から内定を受けた、と言っていた。
30歳代女性(放送・広告・出版・マスコミ)
痛い目にあっています・・・
30歳代女性(金融・証券・保険)
質問次第である程度は見抜けるかもしれないが、今回の「就活探偵団」にも書いてあったように、面接会場「外」の方が見抜きやすいと思う。
30歳代女性(情報処理、SI、ソフトウェア)
学歴、外見、プレゼンスキルがそこそこ評価されて理研に採用されて疑惑の論文を作ったO女史なんて、面接時に誰も本性を見抜けなかった訳だし・・・。
50歳代男性(農林水産・鉱業)
面接官の趣味ばかり記事にするのではなく、採用時の評価が10年、20年後にどうなったかをしっかりと検証すべきではないか。
30歳代女性(その他製造)
ベテランの社会人でも家庭、会社内、会社外で表情・言動を使い分ける。優秀な学生ほど使い分けできるのでその本性まで見抜けるとは思わない。
20歳代以下男性
 人の性格は言動に現れるから、面接により学生の「本性」が社風や職種に合致しているかを判断することは可能。ただし、人格の核心に触れる部分や思考の傾向が短時間の面接から直ちに把握できるとは思えない。
30歳代男性(金融・証券・保険)
入社後に統計取ると何でこんなやつ採ったんだってなることも多いかもだが、採用時に複数の人間で代わる代わる見ているんだから、本質を見抜けている場合も十分ある思う。
40歳代女性(コンサル・会計・法律関連)
記事を見ても人事担当者の傲慢で狭量な視点が透けて見えます。本人には分からないだろうが反対に学生には見えています。
50歳代男性(その他製造)
一回の面接では到底無理ですが、複数回かつ各方面関係者が面接をすると炙り出されてきます。最後は入社当面はこの学生と一緒に仕事したいと誰かが手を挙げれば俎上にあがります。しかし学生も会社を面接しています。
50歳代女性(エネルギー)
これは人と場合によります。面接を受ける側もそうですが、面接官の洞察力によっても違います。このような2社択一ではっきりいえないからこそ、みなさんご苦労なされているのでは?
50歳代男性(卸売・小売業・商社など)
個性・性格はある程度判るかも知れないが、本性・資質は未知数。
20歳代以下男性(金融・証券・保険)
志望動機等マニュアル通りの質問しかしないくせにマニュアル通りの回答を批判する。面接で本性・能力が見抜けないことはアメリカの研究で証明されている。偉そうにとやかく言う前に先行研究の勉強をしてみては?
50歳代男性(金融・証券・保険)
全人格的な評価は到底無理ですが、当社に入って働ける人であるか、何がどの程度できるか、という2点に絞れば2分間も会話すればわかるものだと思いますよ。
50歳代男性(通信サービス)
人事担当者は志望者を落としたと思っているだろうけど実際は逆。御社の前途をお祈りいたしますよ。
50歳代男性(情報処理、SI、ソフトウェア)
採用面接をやり始めて約15年、だいぶ面接で人を見抜けるようになってきました。 失敗することもありますが、学生はすぐ見抜かれるので素の自分を出すように心がけて欲しいです。
40歳代女性
それだけ吟味して選んでも、働かない人もいれば、汚職する人もいるし・・・。
70歳代以上男性(運輸)
面接官の能力の問題だと思います。いろいろ角度を変えた質問をすることにより、本性は必ず出て来ます。
40歳代男性(卸売・小売業・商社など)
本性は、まずわからないと思う。解るのは、その人の外見的特徴と対人スキルのみ、 職によっては、有効な事だが内部者にとっては不安ですよね
60歳代男性(食品、医薬、化粧品)
蓋然性程度。しかし選別する理由は付けられる。
60歳代女性(情報処理、SI、ソフトウェア)
学生が非常識っていうのは、型にはめたがるからではないでしょうか? 学生らしさがやがて会社の中で大化けすることもあるし、入って来た新人を周りがつぶすこともありますから。
50歳代女性(教育・教育学習支援関係)
大学の教員ですが、大学での面接でも見抜けません。大学でよくできる優秀な学生だと思った人が、就職後にまったく仕事ができずに数ヶ月で辞めるということもありました。職場との相性もあると思います。
20歳代以下男性
見抜けないからすぐに辞める人がいる。見抜けるなら、その企業はさぞかし、業績がいいことでしょう
40歳代男性(その他)
質問者の準備と一定の時間が必要という前提のもとで可能と考える。
40歳代男性(電気、電子機器)
二択では難しい。 短時間で本性が全て見えるとは思わないが、一端は垣間見れるとも思う。 限られた時間での勝負になるので、会社・学生ともに相性とか運の要素もあるだろう。
50歳代男性(機械、重電)
面接官の技量によるところが大きい。経験からの懐の深い質問ができれば、学生側も(口調や表現力も含め)全力の回答になる。
20歳代以下女性(金融・証券・保険)
心理行動学学べばわかるのではないかと。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

就活探偵団2016

電子版トップ



[PR]