2019年7月17日(水)

面接官が語る「こんな学生は嫌われる」

(2/5ページ)
2015/3/12 7:00
保存
共有
印刷
その他

■面接官の質問をスマホ入力する学生

ゼネコン 面接の時にある学生の胸ポケットから何か見えるので、「それは何?」と聞くとボイスレコーダー。「すいません、今後の参考にしようと思って」と言い訳。気持ちはわかりますがちょっと非常識です。

ITソリューション ボイスレコーダーだったらまだいいほうでしょう。面接中にいきなりスマートフォン(スマホ)を取り出して、こちらの質問を文字入力してメモをとっている学生に遭遇したことがあります。スマホ世代だからでしょうか……。

教育 「ウチに入って何がしたいですか?」という面接では定番の質問。たいていの答えには驚きませんが、「何がしたいんでしょうね?」と質問で返してきた就活生には開いた口がふさがりませんでした。いったい何を考えて面接に来ているのでしょうか。

■何を聞いてもマニュアル回答

――面接官の多くが共通して求めるのは「自分の言葉で語ってほしい」ということ。

住宅 マニュアル通りの受け答えしかできなかったり、用意してきた答えしか返せなかったりという学生は印象が悪い。どんな質問をしても、無理やり自分が用意してきた答えに結び付けて返してくる学生が増えている。そういう場合は「あなたの言葉で話してください」ともう一度、やり直します。

娯楽 何をどう聞いてもマニュアル通りにしか答えない就活生がいました。こちらが頑張ってマニュアル以外の答えになるように仕向けても、それを切り返してマニュアル通りの答えに持っていく「強者」。その就活生は「100社受けたがどこも受からない」と嘆いていましたが、当然です。姿が見えないのですから。

鉄鋼 冗舌な学生は多いですけど、「結局何が言いたいの?」と思う返答が少なくない。就活の面接はたくさんしゃべればいいというわけではない。

建設 しゃべりの上手な人を求めているわけではありませんが、質問に対し、答えだけ返してくるのが困る。なぜ、そういう答えなのか、自分の過去や自分の長所などを踏まえたうえで、その場で考えて答えてもらえると説得力がある。

IT中堅 その場で考えてくれるのはいいのですが、ある学生は志望動機を聞いたら、「ええっ~と」と部屋の天井の角をにらんだまま、数分間黙りこくってしまったことがありました。

■何があっても泣くのは×

――面接中のちょっとしたしぐさや顔の表情などから、就活生のメンタルも見ている。

IT大手 就活生のストレス耐性はかなり気にしています。例えばグループディスカッションで不利な局面になった時にどのような表情をするかなどを見て、「この学生はメンタルが弱いかもしれない」とチェックします。次の面接ではメンタル面を深掘りして聞くようにします。

小売り 面接の場で緊張のあまりか、泣き出してしまう就活生は時々いるが、これはちょっと厳しい。顧客と常に接する仕事である以上、どんな局面であろうともしゃべって自己表現できないようでは仕事にならない。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

就活探偵団2016

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。