面接官が語る「こんな学生は嫌われる」

(1/5ページ)
2015/3/12 7:00
保存
共有
印刷
その他
 初めての就職活動は分からないことだらけ。直接企業に質問しづらいことも多いし、口コミ情報がどこまで信用できるかも不安だ。そんな悩みを解決する「就活探偵団」。就活生の疑問に答えるべく、あなたに代わって日経記者が企業に突撃取材します。

後ろ倒しで選考期間が短くなった今シーズン、説明会から間をおかず企業のリクルーターに会ったり、「面談」などと称して企業から呼ばれたりした就活生もいるだろう。これらは事実上の面接と考えたほうがいい。面談や面接で気を付けるべきポイントを座談会形式で紹介する。

■面接もメールもタメ口

――面接では最初の印象が肝心だ。その最も大事な局面で、面接官を驚かせるような言動が増えている。

ITソリューション 1月に面接をやった時のことですが、ある学生の足元には大きな紙袋。よく見るとデパートの正月セールの紙袋で、買い物ついでに面接を受けにきた様子でした。強心臓なのか、マナーが緩いのか……。わかった瞬間に「あ~あ」という心境です。

証券 面接室に入ってきたら、「暑いですね」といきなり上着を脱いだ就活生がいたのはびっくりしました。内定者の懇談会ですら「脱いでもいいですよ」といっても誰も脱がないものなんですが。最近はテレビの影響でしょうか、タメ口の就活生もいますね。印象については言うまでもありません。

娯楽 タメ口はメールでも見受けられます。面接の案内をメールで出したところ、ある就活生の返事は「○日と×日だったら空いてるよ」――でした。

IT中堅 面接で部屋に入った時のことです。正面に座っていた女子就活生がさっと何かを隠したので、どうしたのか聞きました。すると急に立ち上がって「折り紙を折ってきました。もらってください!」。あぜんとしてしまいました。

小売り 「服装自由」としているので変わった格好の就活生がやってきます。ある男子学生はギャルソン(コム・デ・ギャルソン=服のブランド)に身を固め、頭はマッシュルーム型、黒メガネで画家の藤田嗣治そっくりでした。受け答えは簡潔で普通。「変わった人材がほしい」といわれていたので安易に落とさず、最終面接へ。最後は評価が分かれたのですが、結果的に「うちには生かす場所がない」と内定を出すには至りませんでした。後で内定を出した別の学生に「藤田嗣治」のことを聞いてみると、「すごくいいやつ」として話題になっていたそうです。おしいことをしたかも。

――面接が始まると、面接官は様々な受け答えを通じて就活生の人となりを見ようとする。眉をひそめたくなる就活生とは……

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

就活探偵団2016

電子版トップ



[PR]