/

この記事は会員限定です

アジアTrend ベトナム、食の安全に関心高まる 中国産に不安

ハノイ支局 富山篤

[有料会員限定]

ベトナムの消費者が食の安全への関心を高めている。同国ではこれまで、生鮮品をはじめとする食品の産地表示が軽視されがちで、消費者が購買する商品を決める基準は主に値段の安さだった。ところが大量に輸入されるようになった中国産の残留農薬、添加物への懸念が強まってきた。南シナ海でベトナムと領有権を争う中国の強硬姿勢も気に障るようだ。ベトナム北部の首都ハノイ市など都市部ではオーガニック食品の小売店がビジネスチャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2131文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン