/

この記事は会員限定です

日本株高の「円安離れ」は本物か

編集委員 大塚節雄

[有料会員限定]

円相場が1ドル=120円台の定着をうかがっている。5日の海外市場では欧州中央銀行(ECB)の理事会を意識した投機的なユーロ売り・ドル買いの流れが、円売り・ドル買い取引に波及する場面があった。

円相場はこのところ120円台に円安が進んでも「滞在時間」は短く、膠着感が強い状況が続いてきた。この流れが変わるかどうかは、とりわけ株式市場に大きな影響を及ぼす。「円安加速→企業収益改善→株買い」という単純な話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン