2019年2月16日(土)

的場元副長官「首相辞任、もういっぺんやりましょう」
(3月8日付朝刊政界面関連インタビュー)

2015/3/8 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は第1次内閣で霞が関の慣例を打破して政治主導の確立を狙った。事務の官房副長官を自治省など旧内務省系の省庁出身者が務めてきた慣例を破ったのが象徴だった。当時、旧大蔵省出身で起用された的場順三氏に聞いた。

――今の安倍内閣は1次内閣とは対照的に長期政権が視野に入っています。

「今の内閣は安倍さんが総裁選に自ら手を挙げて勝ったことがすべての根底にある。出馬への異論がある中、いわゆる四面楚歌…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2006年9月、安倍首相の会見に同席した官房副長官の的場氏=前列(右)

官房副長官に旧大蔵官僚・的場氏(2006年)[有料会員限定]

2015/3/8 3:30

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報