人事が説明会で見た「採りたくない学生」

(4/7ページ)
2015/3/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

50歳代男性(卸売・小売業・商社など)
変な学生は要らない。必要なのは社会人としての常識が守れること。礼儀は最低限のルールだ。
70歳代以上男性(教育・教育学習支援関係)
最近の学生のマナーの悪さに同意。これを矯正するには、日ごろの説教も大切だが、入社試験での厳しい評価の実態を広く知らせることが有効。
60歳代男性(建設)
説明会に来る目的は、その会社に入社したいからでは?そうであれば、礼を尽くすのが当たり前。多少なりとも非礼があれば、その会社には入りたくないということの表れ、あるいは入社しても戦力にはならない。
50歳代男性(教育・教育学習支援関係)
本人は非礼と思っていません。それを気がつかせるためにも厳しくすべきです。だいたい、このようなことは家庭での躾が出来ていないということ。
50歳代男性(機械、重電)
あえて注意する必要はないと思いますが、評価には反映するべきだと思います。
40歳代男性(その他)
採用担当者の重箱の隅を楊枝でほじくる姿勢には呆れた。重役クラスでも言動に社会人として疑義を持ちたくなる者も少ないのに勤務経験が無い者に対してモノを言えるほど担当者は聖人君子なのかと問いたい
50歳代男性(教育・教育学習支援関係)
説明会は説明する会であって選考の場ではないはず。
40歳代男性(電気、電子機器)
程度によると思います。企業側がどういう人材がほしいか?何を重視するかで見方が変わると思う。トータル的に判断するのがベスト。礼儀作法は改善代あり。
50歳代男性(情報処理、SI、ソフトウェア)
50年生きて見て、マナー云々する人程、無知に近い無礼者が多い。自分の胸に手を当てから、言ってほしい。
50歳代男性(教育・教育学習支援関係)
たとえ多少であっても「非礼を大目に見る」ことは、「それで良い」と伝えたことになります。若者(学生)を育てるという観点からは、不適切な教育となることはすべきではありません。
50歳代男性(コンサル・会計・法律関連)
就活生の「質」が落ちているというのは、「今の若いやつは云々」というのの別の言い方。就活時パワハラをする側の意見。
50歳代男性(金融・証券・保険)
私は大学で実務家教員として教えているが、エレベータに乗ってきた学生が混んでもいないのにわたくしに向かって4階お願いしますと言ったときは、自分で押すんだよ、と語気荒く丁寧に大人の礼儀を教えてあげました。
40歳代男性(金融・証券・保険)
社会人として当たり前に求められることを認識してもらう機会になるのでは?
50歳代男性(金融・証券・保険)
知識がないのは仕方がないので、注意すればよいこと。自分のことを棚に上げてはいけません。
50歳代男性(情報処理、SI、ソフトウェア)
時代が変わっても日本人の心まで変わってはいけない。やはりしつけや教育が重要である。今すぐに日本がそこに回帰しなければ日本の将来はない。スタンフォード大の西教授も現代の日本の変わりようを嘆いている。
30歳代男性(医療)
平素からちゃんと練習をしない人間が、試合で良い結果を出せるわけがない。これと同様、平素から礼儀・作法・規範を守らない人間が、社会人になって良い結果をだせるわけがない。
30歳代男性(素材)
非礼のない完璧な学生はいないと考えるべき。大目に見るべきと思わない採用担当者に問う。あなたが採用した学生は全員非礼がなく完璧な人材であると自信を持って言えるのか?
70歳代以上男性(教育・教育学習支援関係)
小売り 「休みはちゃんととれるのか」「パワハラをする人はいるのか」などと質問する学生が気になる。らしいが、これは、聞くのが当たり前でしょう。会社は会社で自分の利益しか考えていないように思える。
50歳代男性(その他)
内容と状況による、と思う。「前向きな、向こう傷ならば問わない」というところでしょうか。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

就活探偵団

電子版トップ



[PR]