人事が説明会で見た「採りたくない学生」

(2/7ページ)
2015/3/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

■「じゃがりこ」食べる就活生

――採用担当者が説明しているのに、平気で飲食する学生が増えている。

企業説明会に参加する就活生(1日、東京都千代田区の法政大学)

企業説明会に参加する就活生(1日、東京都千代田区の法政大学)

証券 スタバのコーヒーを飲みながら説明会を聞いている就活生をよく見かけますが、印象は良くないですね。説明会を聞きながらの飲食は常識的に考えてNGです。

IT 説明会の机の上にペットボトルを「どーん!」と大きな音をたてて置く学生は毎年います。我々とマナーの常識が違うのかなあ、と思います。最近はあまりに多いのでマヒしてしまい、説明会が始まるタイミングでペットボトルをしまったら、「まあ、いいか」と大目にみるようになってしまいました。

娯楽 コーヒーやペットボトルならまだいいほうです。説明会に食べ物や飲み物が入ったコンビニの袋を持ち込む学生が増えていますが、ある学生は(山崎製パンの)「ランチパック」をむしゃむしゃ食べながら採用担当の説明を聞いていました。さらに輪をかけてひどい学生がいて、(カルビーの)「じゃがりこ」をバリボリと音をたててほお張っているのです。どちらの学生も注意したのは言うまでもありません。

■遅刻は厳禁だが早く来るのも……

――就活で遅刻は厳禁だが、やむを得ないときもある。遅刻したときの対応が肝心だ。

教育 説明会や面接に遅刻する学生は毎年いますが、事前の連絡があれば柔軟に対応します。しかし、事前に何も連絡せず会場に来ても中には入れません。この点は厳しく対処します。

娯楽 逆に「遅刻は厳禁」と伝えたら、1時間前にきて待っている学生もいました。まだこちらの準備ができていないのに……。早く来ることで真面目なところを見せようとしているのかもしれませんが、これは逆効果です。

ITサービス 遅刻しても、うまく切り返して理由を説明してくれれば「逆境に強い」と思うかもしれない。そもそも、うちは交通関連のサービスを手掛けているので、方向音痴で遅刻する学生は向いていないかも。

人材 遅刻ではないのですが、説明会を始めたら、あわてて帰り出す学生が毎年何人かいます。同じ社名で、全く事業内容が異なる別の会社と間違えて説明会にやってきた学生です。ちゃんと調べてこいよ、と言いたくなります。

■質問はよく吟味して

――説明会終盤の「質疑応答」とアンケートにも落とし穴がある。

小売り 積極的に質問してくれるのはいいのだが、「何をしに会社にくるつもりなのか」と思わせるような学生が毎年いる。「休みはちゃんととれるのか」「パワハラをする人はいるのか」「社員の仲はいいのか」などと質問する学生だ。入社して何がしたいかではなく会社は自分を守ってくれるのか、を気にしているのがありありとわかる。こういう学生はすごく気になる。

証券 終了後に説明会の印象について答えてもらうアンケート用紙を配っているのですが、全く記入しないで提出する学生が毎年います。これは目立ちます。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

就活探偵団

電子版トップ



[PR]