Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

4時間でゲーム制覇 グーグル「驚異の人工知能」手中に
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2015/3/18 7:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は世界最先端の人工知能技術を有し、実際に音声検索などで活用している。そのGoogleが人工知能ベンチャー「DeepMind(ディープマインド)」を買収し、技術強化を加速している。DeepMindに関する情報は限られているが、関連ビデオや論文などから、その輪郭が見えてきた。

 DeepMindは驚異的なスピードで自ら学習する人工知能で、Googleは自動運転車などへの適用を視野に入れている。同時に、米国では人工知能が人間を凌駕するとの脅威論が浮上し、安全性に関する議論も活発化している。

 DeepMindはロンドンに拠点を置くベンチャー企業で、2010年にDemis Hassabis氏らが創業した。DeepMindが世界を驚かせたのは、ビデオゲームのプレーを見るだけで、驚異的な速度でプレーの仕方を自ら学習高スコアを出す能力を持つことだ。

 Googleは2014年1月に同社を買収し、今では「Google DeepMind」として研究開発を進めている。同時に、DeepMindをYouTubeなどのサービスに組み込む作業に着手した。

■汎用的に学習できるシステム

 Google CEO(最高経営責任者)のLarry Page氏は、トークショーホストのCharlie Rose氏との対談で、DeepMindの機能とGoogleの人工知能戦略について語った(下の写真)。Page氏は、DeepMindは人の手助け無しに驚異的な速さで学習するシステムであると説明した。その結果、ビデオゲームで人間のエキスパートを凌駕するスコアをマークする。

右はGoogle CEOのLarry Page氏、左はトークショーホストのCharlie Rose氏(出典: TED)
画像の拡大

右はGoogle CEOのLarry Page氏、左はトークショーホストのCharlie Rose氏(出典: TED)

 DeepMindは、ビデオゲームごとにソフトウエアを最適化しているのではなく、単一プログラムで異なるゲームに対応できる。かつて、米IBMのスーパーコンピューター「DeepBlue」は、チェスの世界チャンピオンGarry Kasparov氏との対局で勝利を収めたが、それはチェスというゲームに特化した専用システムだった。

 これに対し、DeepMindはゲームの種別に依存せず、汎用的に学習できる点が最大の特徴である。

■2時間で「人間超え」

 DeepMindが実際にゲームをプレーしているデモを見ると、その学習能力の凄まじさが分かる。下の写真はHassabis氏があるカンファレンスで、DeepMindが「Breakout」(ブロックくずし)ゲームを学習していく過程を解説している様子である。これは、バーを操作し、ボールを打ち返してブロックを崩していくゲームで、DeepMindは最初はゆっくりとプレーを学ぶ。

ブロック崩しゲームのデモ(出典: Elizr)
画像の拡大

ブロック崩しゲームのデモ(出典: Elizr)

 1時間で200回程度のゲームをこなすと34%の割合でボールを打ち返し、人間の初心者程度の実力となる。2時間後には300回のゲームをこなし、既に人間の技量を上回る。

 4時間後には、ブロックに通路を開け、裏側からブロックを崩すという大技を自ら学習する。DeepMindは4時間でゲームをマスターする。このようにDeepMindは、恐ろしいほど高速に学習する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

GoogleDeepMindDeepBlue人工知能YouTubeIBM

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 タイムズスクエアのブロードウエーを北側から見る。左は改良前、右は改良後(写真:Bloomberg Associates)

NY「ストリート大改造」 交差点改良で事故3割減 [有料会員限定]

 車道を廃止して歩行者空間に――。米ニューヨーク(NY)市でこうした取り組みが相次いでいる。2016年末には「世界の交差点」であるタイムズスクエアに延べ1万m2(平方メートル)の広場が完成した。「道路…続き (9/15)

VR体験のイメージ。ゴーグル型のヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」を装着してプランを体感してもらう。VRの体験者が見ている映像は、打ち合わせの同席者もディスプレー上で確認することができる(資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

1億円超の邸宅建設 VRで「イメージギャップ」解消

「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VR(仮想現実)を活用する動きが活発になっている。設計事務所のフリーダムアーキテクツデザイン…続き (9/6)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • AIチップと5Gに重点、2018年度概算要求
  • 核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状
  • EV化や自動運転は本当にメディアが騒ぐほど急激に進むのか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月21日付

2017年9月21日付

・データセクション、ツイッター投稿者の年代、性別を分析、番組制作に生かす
・太陽電池、光で劣化判別 東京農工大
・高速ひび割れ 色合いで示す 阪神高速
・明電舎、高効率パワコン開発 未稼働メガソーラー開拓
・製薬大手、AI活用で知見蓄積 アステラスやエーザイ…続き

[PR]

関連媒体サイト