/

火による処刑も奴隷も正当化する「イスラム国」の論理

国際アジア部 横田勇人

日本人2人を殺害するなど残虐行為を繰り返すイスラム過激派「イスラム国」。同組織のバグダディ指導者は7世紀の預言者ムハンマドの後継者を名乗り、理想とする当時のイスラム国家の復活をうたう。住民にはイスラム教の教えを厳格に守るよう強要し、喫煙まで禁じる。非道行為や人権侵害は数知れないが、イスラム国の特徴は、イスラム教の教義を利用してそれを正当化しようとしていることだ。異様なイスラム国の行為の思想的背景を探った。

火による拷問は神だけが行えるはずが…

2月初め、イスラム国が拘束していたヨルダン人パイロットを生きたまま焼き殺したとする映像を公開。世界に衝撃を与えたが、おそらくイスラム教徒のほとんどは、これに一つのイメージを重ね合わせたはずだ。イスラム教の聖典コーランで幾度となく描かれる、業火で罪深い人が焼かれる地獄の光景――。

イスラム教では「審判」の日、死者も復活して神の裁きを受けると考える。復活を妨げないよう、遺体は土葬するのがイスラム教徒の慣習だ。それを知っていて焼殺するというのは、イスラム教徒にはこれ以上ない屈辱的な仕打ちと映る。このため多くのイスラム教関係者が激しく反発。カイロにあるイスラム教スンニ派の最高機関「アズハル」の宗教指導者も声明で「(殺人者を)殺し、磔(はりつけ)にし、さもなくば手足をもぎ取るべきだ」と口を極めて非難した。

イスラム教では火による拷問は神にだけ行えるもので、焼殺はいかなる理由があっても禁じられるというのが一般的な解釈とされる。これに対し、イスラム国はネット上で公開している英語版プロパガンダ誌「ダービク」第7号で「無数のイスラム教徒が生きたまま焼き殺された空爆に対する報復にすぎない」と主張。「キサース(目には目を、で知られる同害報復の原則)の例として焼殺はイスラム法で合法である」と正当化し、「王宮にいる法学者」や「無知な敗北主義者」によって解釈が混乱していると反論まで加えている。

昨年10月、ダービクの第4号が公開された時も、その時代錯誤の内容が国際社会を驚かせた。記事のタイトルに「奴隷制度の復活」とあったからだ。

対象とされたのが、彼らが「悪魔崇拝者」と決めつけるヤジド教徒の女性たちだった。ヤジド教はイスラム教にゾロアスター教など複数の宗教の要素が混じった一神教で、「孔雀天使マラク・タウス」をあがめるなど独特の特徴を持つ。信者はイラク北部を中心に居住し、大半がクルド語を話す。

イスラム国が昨年夏に彼らの居住地を支配下に置いた時に多数の難民が発生し、米国がイスラム国に対する空爆に踏み切るきっかけとなった。国連によると女性や少年少女約1500人がイスラム国に拉致された恐れがあるという。ダービクの記事は「ヤジドの女性と子供はイスラム法に従って戦闘に参加したイスラム国兵士の間で分配された」、「奴隷となったヤジドの家族はイスラム国兵士によって売却されている」と堂々と記している。

 中世イスラム世界の偉大な旅行家、イブン・バットゥータが著した「三大陸周遊記」。マルコ・ポーロの「東方見聞録」と並び称される名著だが、現代人にはかなり違和感を覚える部分がある。バットゥータが旅先で女性の奴隷を贈られたり、自ら買い求めるような場面が何度も出てくるのだ。中にはバットゥータが王から敵方の女性捕虜を譲り受け、その夫から妻を買い戻したいと求められたが拒否する描写まである。14世紀当時の人権感覚では、それが普通だったということだろう。

「孔雀天使」崇拝するヤジド教は「邪教」

コーランにも「おまえたちの右手が所有する者」といった表現で女性の奴隷に触れる記述が散見され、当時の状況を物語る。14世紀よりさらに遡ったコーランの時代のイスラム国家復活をうたうイスラム国のメンバーにとって、奴隷制度を復活させることには何のためらいもないのだ。

イスラム教の教義を厳格に適用する過激派は、同教を基礎にしながら他の宗教が混じるのを「邪教」として特に嫌悪する。コーランがアッラー以外の神を崇拝することを厳しく禁じていることが背景にある。イスラム国のメンバーには、イスラム教の衣をまといながら「孔雀天使」を崇拝するヤジド教は「邪教」以外の何ものでもないと映る。

彼らの理屈はこうだ。

ヤジド教はイスラム教成立前からあり、イスラム教の影響を受けているが、その教えを受け入れたことはない。(兄弟宗教の)ユダヤ教徒やキリスト教徒のように「人頭税」を払って許されるわけではなく、奴隷にすることが認められない背信者(イスラム教を捨てた人)でもない。このため、ヤジド教徒の女性は奴隷にすることができる――。さらに、ヤジド教徒の女性が奴隷としてイスラム教徒になり、「暗黒」の世界から解放されるというようなロジックを展開している。

ただ、ダービクにあるのは「公式見解」だろう。現地からはイスラム教徒の女性でも「戦闘員との結婚の強要」などの人権侵害が頻発しているとの情報が伝わってくる。

コーランは当時の時代背景を踏まえて書かれているが、イスラム教徒はその時代に合うよう柔軟な解釈で対応してきた。その典型例が「イスラム金融」だ。コーランは利子を禁じているが、実物の売買やリースを組み合わせることなどでイスラム法で適法になるように工夫した。奴隷制を含めてコーランの時代に戻そうとするイスラム国は、こうした先人たちの知恵を根底から否定している。

イスラム国は、コーランなどのイスラム教の教えを表面だけ恣意的にたどり、自らに都合のいい理屈を構築しているだけだ。しかし、過激思想に共感する人々は、それを「もっともな主張」と受け止め、戦闘員などとして各国からイスラム国を目指す。イスラム国に傾倒するのはごく一部のイスラム教徒にすぎないが、世界のイスラム人口が16億人を超すまで増加した現在、その一部が国際社会に与える脅威は計り知れない。

中東・アフリカScopeまたは欧州Insideは原則水曜日に掲載します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン