2019年6月16日(日)

グーグル、巨大温室のような新キャンパス建設計画

2015/3/3付
保存
共有
印刷
その他

ITpro

米Google(グーグル)は現地時間2015年2月27日、米カリフォルニア州マウンテンビューにある本社キャンパスの再開発計画を地元市議会に提出したと発表した。同社のSNS(交流サイト)「Google+」で新キャンパス完成予想のレンダリング画像を掲載している。Googleが一から設計したオフィスを建設するのはこれが初めてだという。

Googleが再開発を計画中の本社キャンパスのイメージ(出所:同社SNS「Google+」)

Googleが再開発を計画中の本社キャンパスのイメージ(出所:同社SNS「Google+」)

米Googleは現地時間2015年2月27日、米カリフォルニア州マウンテンビューにある本社キャンパスの再開発計画を地元市議会に提出したと発表した。同社のSNS「Google+」で新キャンパス完成予想のレンダリング画像を掲載している。Googleが一から設計したオフィスを建設するのはこれが初めてだという。

新キャンパスは、半透明の天蓋に覆われたドームのような造りになっている。巨大な温室を思わせる屋内は、気候を制御することが可能。屋内外に緑を配し、自転車でキャンパス内を移動するための専用道を敷く。

Googleによれば、「動かせないコンクリートのビルを建てるのではなく、新たな製品開発プロジェクトに応じて移動できる軽量なブロック式の構造にする」という。

コミュニティーとの融合も重視し、近隣の人々が行き来してレストランなどのショップや、自転車専用道を利用できるようにする。環境にも配慮し、再生可能エネルギーを積極的に活用するとしている。

米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、Google以外にも、米Apple(アップル)が宇宙船のような新しいキャンパスの建設を進めており、米Facebook(フェイスブック)も著名な建築家Frank Gehry氏の設計による新キャンパス建設を計画している。

[ITpro 2015年3月2日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報