/

この記事は会員限定です

「オーラ」消えたホンダ 新社長の難題

ナカニシ自動車産業リサーチ代表 中西孝樹

[有料会員限定]

2月24日、ホンダは伊東孝紳社長が6月に退任し、後任に八郷隆弘常務執行役員を指名するというトップ人事を発表しました。自身に対する不本意なメディアの評価に対してか、見るからに憮然とした表情で伊東社長は記者会見に臨んでいました。一体、ホンダの何がおかしくなってしまったのか、新社長がなすべきことは何か。ホンダの不振の深層に迫ってみます。

「有言不実行」のイメージ

ホンダから「オーラ」が消えて久しい。ホンダはソニーなどと並んで、日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン