2019年8月25日(日)

イチロー フィールド

フォローする

来る者拒まぬイチロー、同僚にバットケースの「教え」
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2015/3/2 7:00
保存
共有
印刷
その他

「なんだ6月中旬並みの暑さじゃないか」

練習を見ていた地元メディアの1人が、そうつぶやいた。2月24日、野手もそろい、大リーグ・マーリンズのキャンプ全体練習がスタートした。午前8時前に練習施設に姿を見せたイチローら野手が午前中に身体検査を受けたため、練習開始は気温が30度を超えた午後1時すぎから。湿気を伴った暑さには選手らもへきえきし、午後3時すぎ、練習の締めくくりとして約50メートルのシャトル(往復)ランが行われると、決められた6本を走り終えて、多くが両手を膝について息を整えた。

転校生のように迎えられたイチロー

「放心状態です。何も考えられない。明日のことすら、考えられない」

練習後に取材に応じたイチローはそう冗談まじりに話したが、彼と同じグループで黙々と走っていたのが、オフに13年総額3億2500万ドル(約388億円)で契約延長を交わしたジアンカルロ・スタントン。彼についてイチローは「淡々とやりますね」と話し、続けた。「すごい体力してるし、びっくりしました」。体力には自信のあるイチローがいうのだから、相当なものなのだろう。

こうして幕を開けたイチローの2015年シーズン。ストレッチのためにフィールドに姿を見せたときからチームメートに囲まれ、笑い声が響く。転校生が珍しい、といった光景にも映ったが、これがマーリンズの狙いといえば狙いなのだろう。

「彼のような選手と一緒にプレーすることで学ぶことが多い」とは、イチローの2歳年上のマイク・レドモンド監督。「若い選手にとっては素晴らしい機会だ」と、若手への影響を期待した。イチローが01年にメジャーデビューしたとき9歳だったというクリスチャン・イエリッチは、さっそく「将来殿堂入りする選手と一緒にプレーするなんて、なかなかないこと。できるだけ多くを学びたい」と話していた。

「イチローから学ぶこと、無数にある」

対してイチロー本人は、「(選手という)立場は同じ。僕から何かということは全くない」と話す。その姿勢はマリナーズ時代から変わらないが、自分から教えたり指示したりしないだけであって、来る者は拒まない。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
試合に備えた全体練習が始まる前、バットを手にゴードンと話すイチロー(右)

 ユニホームのパンツ、紺のアンダーシャツ姿のイチロー(マリナーズ会長付特別補佐)が、グローブを持ってフィールドに出てくるのは通常、午後1時半すぎ。客席には人ひとりおらず、売店の店員らがぽつりぽつりと姿 …続き (8/5)

1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同共同

 5月3日、ワシントン州タコマ。途中、事故渋滞にはまって、自宅から3Aのタコマ・レーニアズが本拠地とするチェイニー・スタジアムまで2時間近くかかった。午後3時過ぎ、ようやく球場に到着してざっとあたりを …続き (5/13)

3月の引退記者会見の言葉にはイチローの正直な思いがこもっていた=共同共同

 シカゴ・ブルズ時代に2度の3ピート(3連覇)を達成するなど、選手としての名声をほしいままにした元プロバスケットボール(NBA)のマイケル・ジョーダン(現シャーロット・ホーネッツオーナー)。先日も「ジ …続き (4/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。