/

FC今治で未知の世界に挑む喜びと重圧

今年から私がオーナー兼社長を務めるFC今治の新体制発表記者会見を23日に愛媛県今治市で行った。おかげさまをもちまして、スタッフには素晴らしい人材が集まってくれ、スポンサー集めの方も順調に進んでいる。チームも4月6日の四国リーグの開幕に向けて練習に取り組んでくれている。

FC今治の新体制発表記者会見で報道陣の質問に答える岡田武史氏

アジア杯で見えた日本代表の懸念材料

FC今治の話をする前に、時節柄、1月のアジアカップ準々決勝でアラブ首長国連邦(UAE)にPK戦で敗れた日本代表の話を少ししてみる。

大会を通じて試合の内容は悪くなかったと思う。アギーレ氏にとって人選や戦術をがらりと変えるには時間がなさすぎたし、前任のザッケローニ氏のやり方を踏襲すべきところは踏襲していたのは賢明だった。本大会出場16チームの中で日本、韓国、オーストラリアの力はやはりアタマ一つ上だったように思う。

そんな日本がベスト4を前に敗れた。見ていて感じたのは、いろいろな条件がぴたりとはまったときの日本はすごい力を発揮するのだけれど、その条件が微妙に狂い出してうまくいかなくなったときは落ち幅が大きくなることだった。この傾向はブラジルのワールドカップ(W杯)でも見られたように思う。

1次リーグ最終戦のヨルダン戦で決めた本田のゴール。岡崎がニアゾーンにうまく入って左足で放ったシュートのこぼれ球を逆サイドの本田が詰めて入れたものだ。あの場面、岡崎がニアゾーンに入ったところで本田はもう走り出していた。あれは岡崎がシュートを打たずにラストパスを選んでも本田はバシッと合わせて入れたに違いない。ニアゾーンからの折り返しを決めるパターンは日本のようなチームが点を取るにはいい形だと思う。

同じようなシーンが実はUAE戦にもあった。ここでも岡崎はシュートを選んで今度は上に浮かしてしまうのだが、逆サイドを見ると本田は走っていなかった。

日本ではゴールが決まらない度に「決定力不足」とあげつらい「真のストライカーがいない」みたいな話になる。35本のシュートを放ちながら1点しか取れなかったUAE戦はその典型だと。しかし、ストライカーがいないならいないなりに得点を取る方法を編み出さないと、いつまでたっても取れないことになる。

「なぜ敗れたか」の分析こそ不可欠

私が挙げた「ニアゾーンからの折り返し」はその一例にすぎない。あそこに入り込んだら必ず逆サイドに誰かが詰める。詰めるときも詰めないときも「たまたま」ではなくて。そういう認識をチーム全員が共有し、つくっていくことで「決定力」は上げていけると思っている。

八百長疑惑を追及するスペイン検察の告発を裁判所が受理したことで、日本サッカー協会はアギーレ監督との契約を解除した。アジアカップの後、メディアの話題はアギーレ氏の八百長疑惑、進退、後任探しと転々としたけれど、現場にいた人間の感覚からすると、そんなことより「どうして負けたのか」という分析を我々サッカー人がしなくてはいけない。

W杯にしてもアジア杯にしても結果が出ていないのに内容がよかったですませていては、背後にある問題に気づかないで大きな落とし穴に落ちてしまう危険がある。こうしたことを繰り返していると「誰がやっても一緒」「何をやったって変わらない」という不信感が広がってしまうのではないかと心配になる。日本の政治状況に似てくるんじゃないかと。

日本サッカー協会をはじめ、サッカー関係者が「どうして負けたのか」という分析をしなければならない

サイズはスモールでも中身は負けぬ

さて、FC今治の話に戻りたい。一般的にプロのサッカークラブは、人事や経理や事業といった総務系の部門と、選手を下部組織で育てたり、効果的な補強などでチームを強化、編成したりする強化部門の2本柱で成り立っている。J1やJ2のクラブとは比べものにならないが、FC今治もささやかながら、そんなフロントを備えようと頑張っているところだ。

サイズはスモールでも中身は負けない。そう胸を張れるのが普通のクラブでは「強化部」と呼ばれる部署とは別に「メソッド事業本部」があることだ。今治独自のトレーニング方法である『岡田メソッド』を理論的かつ実践的に練り上げ、普及させ、時代に合わせてバージョンアップもしていく。FC今治の肝ともいえる部門である。

このメソッド事業本部の門をくぐってくれたのが大木武、吉武博文、真藤邦彦といった面々だ。大木はJリーグの甲府や京都で監督を務め、2010年のW杯南アフリカ大会ではコーチとして監督の私を補佐してくれた。

吉武は育成年代のスペシャリストとして知られる。大分トリニータの育成部門で働く前は教員経験があり、指導力を買われて日本サッカー協会の仕事に転じるとU-17(17歳以下)W杯に日本代表を11年、13年と2大会連続で出場させた。

61歳とスタッフ最年長の真藤さんは広島をベースに活動され、教員生活を経てサンフレッチェ広島の育成部長や日本サッカー協会の指導者養成ダイレクターなどを歴任されてきた。

自分自身が今までの自分以上のものに

みんながみんな、素晴らしい指導者だが、私が彼らに感じた一番の魅力は私の言うことが違うと思ったときは「オカさん、それは違う」とはっきり言ってくれるところだった。これから今治から発信するメソッドは日本サッカーの在り方を大きく変える可能性を持っていると思っている。でも、それだけの喚起力を持たせようとしたら「自分自身が今までの自分以上のものになっていかないといけない」とも思っている。自分のサッカー観を示したときに「そのとおりですね」「おっしゃる通りですね」と言われるばかりでは何の進歩もない。自分一人のアタマで考えられる範囲よりも、サッカーというスポーツははるかに幅が広く、奥も深いのだから、一人でも多くの優れた人間の知見を持ち寄る必要がある。

吉武についてはかねて仕事ぶりを注目していた。私が中国の杭州緑城の監督をしていたころ、緑城のユースチームを連れてサニックス杯国際ユース大会(福岡)に出たことがある。そのとき、吉武はU-17日本代表を連れてきていて口をきくようになり、素晴らしい能力の持ち主だと思うようになっていた。

FC今治のオーナーに私がなるというプランが持ち上がり、どんな人間がスタッフに必要かとあれこれ想を練っていたころ、育成では真っ先に浮かんだのが「吉武のような人間がうってつけなんだけどな」という思いだった。

オーナー業は初心者の私に多くの人が未来を託そうとしてくれている

育成部門に必要な人材、膝詰めで口説く

そうしたら驚いたことに、昨年9月のU-16アジア選手権(タイ)でベスト8に終わり、ベスト4以上のチームに与えられるU-17W杯の出場権を逃した責任を取って、吉武が日本代表監督の座を降りたという知らせが入った。日本サッカー協会には申し訳ないけれど、私にすればもっけの幸いで、すぐに彼を訪ねて膝詰めで口説いた。

真藤さんは、その吉武が紹介してくれた。「こういう新しいものをつくっていくことが大好きな人だから」と。年は私より上だけれど、サッカーに対する向学心が半端でない。

正直なところ、この3人を全員雇うようなカネはFC今治にはない。申し訳ない話だけれど、真藤さんは「無給でいい」と言ってくれてアドバイザーを引き受けてくれた。吉武にしても大木にしても、前職の代表監督や磐田ユースの監督時代に比べたら報酬はかなり減ったと思う。それでも来てくれた。本当にありがたいことだ。

彼らのような実績のある人間だけじゃない。5人いる育成部門のコーチは、いろいろなところから話を聞きつけ集まってくれた。それまでいたJクラブのアカデミーから契約延長を打診されていたのに、それを振り切って今治に来ようとする若いコーチとか。

「おまえ独身か」

「いや子供も2人います」

「だったらやめとけ。いまいるところで頑張った方がいい」

私がいくら諭しても聞いてくれない。

「奥さんが泣くぞ」

「カミさんも、あなたがやりたいところで頑張って、と応援してくれてます」

初心者の私に未来託すそれぞれの思い

J1のクラブに比べたら、FC今治なんか吹けば飛ぶようなクラブである。先行きも不透明だ。なのに、監督業ならそれなりの自信はあるが、オーナー業は初心者の私に未来を託そうとしてくれる。

選手だってそうだ。プロフィルを見ると一流大学のサッカー部だった人間がいる。その看板を利用すれば、いいところに就職だってできただろうに、今治で月に5万~10万円くらいの稼ぎで働きながらプロになる夢を追っている。2月上旬、このクラブとしては初めてのシーズン前のキャンプを鹿児島で張ったとき、選手に仕事を休む補償として1日3000円を払うと話したら「やったー」という歓声が出た。「3万円と勘違いしているんじゃないか」と耳を疑ったくらいだ。

鹿児島には一番安上がりな方法ということでバスに10時間半揺られていった。でも、文句を言うやつは一人もいなかった。彼らと話していると目の輝きが違う。真剣に人の話を聞くし、サッカーが純粋に好きでたまらないというのがひしひし伝わってくる。食事などにも気を配って、うまくなろうという気持ちに強いものがある。

皆を路頭に迷わせるわけにはいかぬ

選手たちを見ていると、例えば、これからチームのレベルや戦うステージが上がれば上がるほど、ついて来られない者が出てくるかもしれない。でも、こういう"創業"のときからいるメンバーにはどうしても特別な感情が湧いてしまう。ついて来られない? ではサヨナラ、という気にはどうしてもなれない。本人の希望や適性にもよるけれど、選手を辞めた後、岡田メソッドのコーチとして働けるようにクラブを盛んにしたいという闘志が湧いてくる。

フロントには外資系の証券会社にいた人間やリバプールの大学でスポーツマネジメントを修めてきた人間がいる。私がゼネラルマネジャーに育てたいと思っている男は東京の大学を出た後、サッカーを極めたくてスペインのバルセロナに渡り、そこでスペイン人と結婚して現地でサッカー関係の仕事に携わってきた。私と知り合ったことで8年暮らしたバルセロナを引き払い、奥さんと一緒に今治にやってくる。

監督のときはチームを強くすることと選手やスタッフとのコミュニケーションにエネルギーをほぼ注いでいればよかった。オーナーになると、クラブに関わる全員の生活がかかっているという責任の重さをひしひしと感じる。シンプルに「路頭に迷わせるわけにはいかない」という気構えになる。

従来とはまるで異なるリスクや重圧

性格的にリスクがないとわくわくしないところが私にはある。大きな組織に入って仕事をすることに昔から興味を持てないというか。しかし、今回オーナーとして感じているリスクやプレッシャーはこれまで引き受けたものとはまるで種類が違う感じだ。

日本代表の監督をしていたときも猛烈なプレッシャーを感じた。でも、それは短い期間に想像を絶する大きなものが押し寄せてくる感じだった。今は息の長い、真綿で首をじわじわと絞められるようなプレッシャーを感じている。

そんな未知の世界に立ち向かうことは私にとって新たなチャレンジ。この年になってそういう挑戦ができる喜びを、おののきながらもかみしめている。

(FC今治オーナー、サッカー元日本代表監督)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン