/

目指せプログラミング女子、中高生にレッスンワン

「プログラミングは、女の子の武器になる」――。子供向けのプログラミング教室などを運営するライフイズテック(東京・港)は、女子中高生を対象にしたプログラミング講座「コードガールズ」を立ち上げた。日本IBMやクックパッドなどIT(情報技術)企業の協力を得て講座を開催し、スマートフォン(スマホ)などが普及する中で将来に役立つスキルとしてITを身につけた女性エンジニアの育成を目指す。

2日で満席の大人気

2月15日、都内の会場には女子中高生30人が集まった。2日からホームページや交流サイト(SNS)上で告知したところ、応募が殺到。想定をはるかに上回り、2日間で定員に達した。

今回初めてライフイズテックの講座に参加したという岡村奈々花さん(17)は高校2年生。特別パソコンに詳しいわけではないが、以前からプログラミングには興味があったという。

好きな画像などを使って自分のホームページを作成した。動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」から気に入った動画を探し、トップ画面に貼り付けた。「難しいと思っていたけど、実際にやってみたら意外と簡単で驚いた」(岡村さん)。参加は興味本位だったが、「今後も続けてみたい」と目を輝かせた。

この日、会場となったのは東京・豊洲にある日本IBMの本社オフィス。コードガールズの特徴は、IT企業のオフィスを使うところだ。実際に働いている女性社員も企画・運営に協力するほか、エンジニアとして働く女性が講演するなど、実際に女性がプログラミングを仕事に生かしている様子を知ってもらうための工夫も欠かさない。

会場では30人が4つの机に分かれてプログラミングに挑戦する。今回の講座では、参加者の約7割が初心者。

午前中は作画ソフトの「イラストレーター」を使って自分の名刺を作成するなど簡単な作業を体験した。企画に携わったライフイズテックの原綾香さん(24)は「まずは小さなことでも成功体験をしてもらうことが大事」と話す。褒められたり、困難を乗り越えたり、成果物を手にしたりすることで、「難しいというイメージを払拭する」(原さん)という。

チューターを務めるのは、普段からライフイズテックでプログラミングを学んでいる女子大生たちだ。参加者と年齢が近く親しみやすいこともあり、雑談も交えながら和気あいあいとした雰囲気で課題に取り組む。

 午後には米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」向けのアプリを作成するコースと、ホームページ作りを体験するコースに分かれて作業に取り組む。一見難しそうに見える作業だが、参加者たちはあっという間に作品を仕上げていく。

「将来必ず役に立つ」

大出泉綺さん(17)さんも初めての参加者だ。大出さんはフェイスブックでコードガールズの開催を知り、すぐに応募した。「将来なにかをやろうと思ったときに、ITは必ず役に立つ。今のうちから少しでも身につけておきたいと思った」と話す。

「ファッションでも音楽でもいい。将来自分がやりたいと思うことに出合ったときに、ITをどう活用できるか考えてみてほしい」――。原さんは参加者にこう呼びかけた。現在、日本のIT企業の女性エンジニア比率は2割程度と言われている。女性向けのウェブサービスでも、男性のエンジニアが開発していることが多く、「女性が本当に必要とする機能がなかったり、逆にいらない機能が多かったりする」(原さん)。

「難しい」「男性のもの」と女性からは敬遠されがちなITやプログラミング。しかし、女性がプログラミングを身につければ「活躍の場は必ず広がる」と原さんは話す。

3月にはレシピサイトを運営するクックパッド、4月には写真SNSを運営するマインドパレット(東京・港)、そして7月にはグーグルと共同で講座を開催する。

(企業報道部 長田真美)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン