/

この記事は会員限定です

ラオックス、訪日客ビジネスで「利益7倍」の強気

[有料会員限定]

「日本の良いものを適正価格で世界の人々に売る。私たちのビジネスモデルに時代が追いついてきた」。東京・銀座や秋葉原などで免税店を展開するラオックスの羅怡文社長は誇らしげに語る。12日には2017年12月期の連結売上高を1500億円、営業利益を120億円に引き上げる計画をぶち上げた。前期に比べ売上高は3倍、営業利益は7倍近くに増やす高い目標だ。「十分に達成できる」(羅社長)という自信を裏付けるのは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン