Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

人工知能が走行制御 進む自動運転車の「スパコン化」
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/4ページ)
2015/3/4 7:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 自動車はスーパーコンピューターを搭載し、人工知能で制御する――。

 プロセッサーなどを開発する米Nvidia(エヌビディア)は、2015年1月にラスベガスで開催された家電見本市「2015 International CES」で最新の自動運転技術を発表、人工知能を採用した制御方式を公開した。

 このシステムを自動車に搭載すると、カメラで捉えたオブジェクト(物体)を高精度で把握し、周囲の状況を理解する。ドイツAudiはこのシステムの採用を表明している。

Nvidia CEOのJen-Hsun Huang氏(出典: NVIDIA )
画像の拡大

Nvidia CEOのJen-Hsun Huang氏(出典: NVIDIA )

■カメラがセンサーを置き換え

 NvidiaのCEO(最高経営責任者)、Jen-Hsun Huang氏がCESで発表したのが、自動運転開発プラットフォームの「Nvidia Drive PX」である。同氏は、車載センサーのトレンドとして、レーダーなどがカメラによって置き換えられていることを指摘した。

 スマートフォン(スマホ)などのモバイル技術によって、カメラの解像度、ダイナミックレンジ、夜間撮影機能などが著しく向上したためである。

 これからは複数の車載カメラを統合する方法で、運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)や、自動運転車(Auto-Pilot Car)開発が可能となるとの見解を示した。

■クルマの心臓はソフトウエアに

 Nvidia Drive PXは、自動運転を支援するプラットフォームである。

 同社の最新プロセッサー「Tegra X1」を2個搭載。並列処理、もしくは2多重に利用できる。Tegra X1は「Tegra K1」の後継製品で、テラフロップス(毎秒1兆回の浮動小数点演算)を超える性能を有する。これは、かつてのスーパーコンピューターと同等の演算能力に相当するため、NvidiaはTegra X1をスパコンチップ(Mobile Super Chip)と呼んでいる。

自動運転開発プラットフォームの「Nvidia Drive PX」(出典: NVIDIA)
画像の拡大

自動運転開発プラットフォームの「Nvidia Drive PX」(出典: NVIDIA)

 同社によれば、将来のクルマはスーパーコンピューターを搭載し、ソフトウエアが走行を制御する。まさに「Software-defined Car」、つまりソフトウエアが自動車の機能を決定するようになるという。

■Deep Neural Networkで歩行者を高精度に認識

 Drive PXは12台のHDカメラ(60Hz:毎秒60コマ)と接続でき、毎秒1.3ギガピクセル分のデータを処理する。自動車の前後左右や車内に搭載される、最大12台のカメラで捉えたイメージを、同時に処理できるパワーを持っている。

 Drive PXは画像認識(コンピュータビジョン)に、「Deep Neural Network」を採用した。Deep Neural Networkとは機械学習のアルゴリズムで、脳の構造を模したネットワークでデータから高次の意味を抽出できる。Deep Neural Networkを自動車に応用すると、単にオブジェクトを認識するだけでなく、置かれた状況を理解することができる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 タイムズスクエアのブロードウエーを北側から見る。左は改良前、右は改良後(写真:Bloomberg Associates)

NY「ストリート大改造」 交差点改良で事故3割減 [有料会員限定]

 車道を廃止して歩行者空間に――。米ニューヨーク(NY)市でこうした取り組みが相次いでいる。2016年末には「世界の交差点」であるタイムズスクエアに延べ1万m2(平方メートル)の広場が完成した。「道路…続き (9/15)

VR体験のイメージ。ゴーグル型のヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」を装着してプランを体感してもらう。VRの体験者が見ている映像は、打ち合わせの同席者もディスプレー上で確認することができる(資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

1億円超の邸宅建設 VRで「イメージギャップ」解消

「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VR(仮想現実)を活用する動きが活発になっている。設計事務所のフリーダムアーキテクツデザイン…続き (9/6)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • AIチップと5Gに重点、2018年度概算要求
  • 核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状
  • EV化や自動運転は本当にメディアが騒ぐほど急激に進むのか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月21日付

2017年9月21日付

・データセクション、ツイッター投稿者の年代、性別を分析、番組制作に生かす
・太陽電池、光で劣化判別 東京農工大
・高速ひび割れ 色合いで示す 阪神高速
・明電舎、高効率パワコン開発 未稼働メガソーラー開拓
・製薬大手、AI活用で知見蓄積 アステラスやエーザイ…続き

[PR]

関連媒体サイト