/

この記事は会員限定です

世間の風当たり、「セブン」と「マック」の差

編集委員 中村直文

[有料会員限定]

今年は1月から外食チェーンや小売り、食品メーカーで異物混入が話題となった。気になったのは世間からの反応。同じように異物混入があったセブン―イレブン・ジャパンを非難する声は少なく、日本マクドナルドホールディングスに対する世間の風当たりは強い。その差は何だろうか。

関連記事
・1月8日 日経朝刊3面「マクドナルド、情報拡散に苦慮」
・1月12日 日経MJ11面「異物混入各地で相次ぐ」
・2月6日 日経朝刊3面「マクドナルド、窮地あえぐ」

3時間を超した記者会見

1月7日、青森など4都府県で起きた異物混入問題について記者会見を開いた日本マクドナルドHD。会見には200人近くが集まり、会見時間は3時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン