/

この記事は会員限定です

「世界最強EMS」フォックスコン、売上倍増のシナリオ

大槻智洋 TMR台北科技

[有料会員限定]
 受託製造サービス(EMS)業界でダントツの地位を築きながら、台湾Foxconn(フォックスコン:Hon Hai Precision Industry、鴻海)を取り巻く状況は厳しさを増している。2014年は連結売上高を10%伸ばそうとしたが、2014年1~9月の連結売上高は3.4%増、営業利益は1.5%減にとどまった。投資もかさんでいる。例えば中国上海市の伊勢丹跡地を皮切りに、鳴り物入りで始めた家電量販店事業で、利益を全く得ないまま撤退した。こうした中にあってもCEO(最高経営責任者)の郭台銘氏は意気軒昂だ。「グループ売上高が将来的に10兆台湾ドル(約38兆円)に達することも不可能ではない」との大胆な発言もしている。同氏はこうした将来像をどのように実現しようと考えているのか。Foxconnの最近の取り組みや成長戦略を、郭氏の発言から見ていく。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン