/

フェイスブック、追悼アカウントの相続人を指定可能に

ITpro

米Facebook(フェイスブック)は現地時間2015年2月12日、ユーザーが死亡後のアカウントを管理する人物(相続人)を選べる機能を追加したと発表した。同機能はまず米国で提供し、その他の国には順次拡大する。

Facebookでは、ユーザーが亡くなった場合、家族や友達などがFacebookにそれを知らせると、死去したユーザーのアカウントは追悼アカウントに移行される。これまでは誰も追悼アカウントを管理できなかったが、今後は相続人に指定された人が管理できる。

相続人は追悼アカウントのタイムライン最上部に追悼メッセージや葬儀の通知などを書き込める。Facebook上でまだつながっていなかった親類や友人からの友達リクエストへの代理対応や、プロフィル写真やカバー写真の変更も可能だ。

ユーザーがあらかじめ許可しておけば、相続人はユーザーがFacebook上で共有していた写真、投稿、プロフィル情報をダウンロードしてアーカイブ保存することもできる。その他の設定については、生前同様のまま残される。ただ、相続人がユーザー当人としてログインしたり、プライベートなメッセージを読んだりすることはできない。

相続人を指定するには、設定ページの「セキュリティ」設定から「Legacy Contact」を開く。相続人を指定せず、死後にアカウントを消去してほしい旨を意思表示する選択肢も提示される。

[ITpro 2015年2月13日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン