/

この記事は会員限定です

少子化ニッポン、双子の割合はじわり増

出生数、年間約2万人

[有料会員限定]

双子以上が生まれる比率は1.94%(2013年、厚生労働省の人口動態調査)。少子化が進む中、多胎児の出生数はほぼ変わっておらず、全体として双子の割合が増えてきている。要因をたどると不妊治療の普及や晩婚化の影響が垣間見えてくる。少子化日本の一断面を追った。

双子以上の出生数、年間約2万人

鏡に映したような子供たちが所狭しと走り回る。ここは、双子を子供に持つ親同士の交流会の会場だ。こうした意見交換が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン