「風邪」に悩むソフトバンク 割を食う国内ユーザー
ジャーナリスト 石川 温

(1/2ページ)
2015/2/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 「今日は風邪気味でして」――。10日の決算会見に登壇したソフトバンクの孫正義社長は冒頭に体調不良と前置きしてからプレゼンテーションに入った。しかし、調子が悪いのは孫社長だけではない。ソフトバンク自身が厄介な病気にかかってしまったような決算発表だった。この「病気」の影響で、ソフトバンク社内や国内ユーザーにも悪影響が出る恐れがある。

ソフトバンクの「病巣」は、いわずもがな昨年に買収した米国第3位の携…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]