/

この記事は会員限定です

日本郵便とヤマト、やっぱり競争してみては

編集委員 中山淳史

[有料会員限定]

宅配便最大手のヤマト運輸が「メール便」のサービスをやめる。「信書」を巡る同社と総務省の論争が背景にある。信書って何? と思われた読者も多かろう。だが、「信書の定義がわかりにくい」との声は、詳しいはずの物流会社の間にも実は多く、昔からトラブルの原因といわれていた。

「容疑者になるリスク」

郵便法によれば、信書とは「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、または事実を通知する文書」だという。郵便屋さんが配るはがきや手紙がそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン