/

オリンパス、スマホと連携する新コンセプトカメラ

PC_Online
デジタルカメラ「OLYMPUS AIR A01」

オリンパスイメージングは、スマートフォン(スマホ)と連携して撮影する新コンセプトのデジタルカメラ「OLYMPUS AIR A01」を2015年3月6日に発売する。スマホアプリからさまざまなカメラ設定や撮影機能をコントロールできる。同社オンラインショップでの限定販売で、直販価格(税別)はボディーが3万3800円、「14-42mm EZ レンズキット」が4万9800円。

マイクロフォーサーズ規格に対応したレンズ交換式ミラーレス一眼カメラ。レンズ径に合わせた円筒形のボディーを採用し、カメラ操作などはIEEE802.11b/g/n無線LANまたはBluetooth経由でスマホ側で行う。画素数は有効1605万画素。記録メディアはmicroSDメモリーカード。内蔵リチウムイオン電池で約320枚撮影できる(CIPA準拠)。本体色は「ホワイト」「ブラック」の2種類。本体寸法は幅56.9×高さ57.1×奥行き43.6mm、重さは約147g(バッテリー、メモリーカード含む)。

用意したアプリは次の8種類。1回の撮影で6パターンの写真を撮影できる「OA.Genius」、アートフィルター機能の「OA.ArtFilter」、色彩や彩度、明るさをコントロールできる「OA.ColorCreator」、フォトストーリー機能の「OA.PhotoStory」、デジタル一眼と同じP/A/S/Mモード撮影の「OA.ModeDial」、ショートムービーを作成できる「OA.Clips」、撮影した写真をスマートフォンで閲覧・編集できる「OA.Viewer」、接続設定するための基本アプリ「OA.Central」。対応OSはiOS 7.0~8.1、Android(アンドロイド) 4.0~4.4。

オープンプラットフォームの考え方を適用し、SDK(アプリ開発キット)や3DデータをWebサイトで公開する。ユーザーやサードパーティー企業が対応アプリを自由に開発できるようにするのが狙いだ。

[PC Online 2015年2月6日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン