/

この記事は会員限定です

日本は本気だ 再生医療で大胆緩和、海外が熱視線

編集委員 安藤淳

[有料会員限定]

今年1月、米国立衛生研究所(NIH)の元再生医療センター長でニューヨーク幹細胞基金幹部のマヘンドラ・ラオ氏は、都内で外資系製薬大手の幹部らとひそかに会った。臨床試験(治験)の手順などに詳しい同氏は「企業名は言えないが、新しい法律の下で日本の再生医療市場に参入したいと相談を持ちかけられた」という。

規制緩和関連2法 海外企業の間で持ちきり

日本が再生医療分野で大胆な規制緩和をした――。海外の製薬企業やバイオ系ベンチャー企業の間では、日本で昨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン