/

この記事は会員限定です

ANAHDの殿元専務「スカイマーク共同運航、前向きに」

[有料会員限定]

ANAホールディングスが30日発表した2014年4~12月期の連結決算は、売上高が前年同期比9%増の1兆2972億円、純利益が57%増の523億円だった。羽田空港の発着枠拡大に伴う路線数の増加などを背景に国際線の旅客事業が好調だった。同日記者会見した殿元清司専務は民事再生法の適用を申請したスカイマークとの共同運航について、「引き続き前向きに検討する」と話した。主なやり取りは以下の通り。

―――ス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン