/

この記事は会員限定です

記憶は思考の邪魔になる 「覚えない頭」の作り方

[有料会員限定]
日経ビジネスアソシエ
知識や情報は多ければ多いほどいい場合がある半面、思考や発想を邪魔することも少なくない。余計な情報は、「あえて覚えない」頭を作るための習慣を身につけよう。

「覚えない」ことのメリット:記憶が考える力を弱める

「知識や情報が豊富にあるほど、仕事に役立つことは多いと思われています。しかし現実には、多すぎる知識は、思考や発想を邪魔することも珍しくありません。実際、私のいる研究の世界でも『知識量は豊富だけど発想力に乏しい』という人は多い。むしろ最近は、知識量...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1899文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン