/

アトラシアン、企業向けチャットツール「HipChat」

ITpro

豪Atlassianの日本法人アトラシアンは2015年1月28日、企業向けチャットツール「HipChat」のオンプレミス(自社内のシステム環境)版である「HipChat Server」の提供を開始した(写真1)。従来のクラウド版に対して、企業内のファイアウォール内で利用できるため、セキュリティーを確保しやすい。

写真1 HipChatの利用イメージ

HipChatは社員同士で会話や議論ができる企業向けチャットツール。1対1や部署などのグループ単位でメッセージのやり取りをしたり、ビデオ会議を開催できる。ファイルや画面共有機能なども備える。これまではクラウド版のみの提供だったが、セキュリティーの問題を懸念する企業ユーザーからの要望を受け、オンプレミス版のHipChat Serverを追加した。

アトラシアンの長沢智治テクニカルエバンジェリストはHipChat Serverの利点をこう語る(写真2)。「チャットの機能に絞っているため、他社の統合コミュニケーションツールよりもシンプルで使いやすく、利用料も安い。API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を公開しており、自社システムと連携させるといったカスタマイズも可能だ」。

写真2 アトラシアンの長沢智治テクニカルエバンジェリスト(左)と、大澤俊介マーケティングマネージャー

HipChat Serverの利用料はユーザー単位になっている。1~10人までは特別価格で1年間の利用料は10ユーザー分で10ドル。11~25ユーザー分の1年間利用料は1800ドル、51~100ユーザー分の1年間利用料は6000ドルになる。

対応するデバイスOSはWindows、Mac、Linux、iOS、Android(アンドロイド)などで、Webブラウザーからもアクセスできる。なお、iOSやAndroidを搭載するモバイルデバイスからのアクセスはVPN(仮想閉域網)に限定される。

(日経コンピュータ 井原敏宏)

[ITpro 2015年1月28日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン