超高速になる次世代無線LAN ケータイ業界も熱視線

(1/2ページ)
2015/1/29 7:00
保存
共有
印刷
その他

無線LANはオフィスや家庭のインターネット接続で不可欠のツールになった。その使い勝手をさらに向上すべく、情報機器メーカーが中心となって次世代仕様の策定が始まった。都市部などアクセスポイントが密集する地域でも、実効的なデータ伝送速度を高めることが狙いだ。トラフィックの混雑に悩む携帯電話業界の企業も加わり、主導権の奪い合いが始まっている。

■目指すは4倍速、毎秒10ギガビットへ

周波数共用など、次世代無線通信の研究開発を進めている京都大学の原田教授

周波数共用など、次世代無線通信の研究開発を進めている京都大学の原田教授

「大手ベンダーから活発な提案が相次いでいる。これからが正念場だ」――。無線LANの国際標準規格づくりを進める米国電気電子学会(IEEE)の専門委員会「IEEE802.11」の関係者は語る。同委員会は2013年5月、無線LANの現行規格である「IEEE802.11ac」よりさらに高速な次世代仕様の検討に着手し、昨年末から本格的な標準化作業が始まった。作業部会の名称は「11ax」だ。

世界の大手IT(情報技術)企業が策定を主導する。中国の華為技術(ファーウェイ)や仏オレンジ、米クアルコム、台湾の聯発科技(メディアテック)、韓国のサムスン電子などが名を連ねる。日本からはNTTなどが参加している。

16年後半をメドに暫定的な仕様を固め、18年から19年に仕様策定の完了を目指す。11axの策定に関わる日本企業の関係者は、「20年の東京オリンピックまでには普及させたい」と期待を込める。多数の参加者で混雑する試合会場で、途切れることなく通信できる無線LANを実現する考えだ。

11axの通信速度などのスペックは今後議論して詰めていくことになる。関係者によれば、実効的なデータ通信速度は11acの4倍以上で、毎秒10ギガ(ギガは10億)ビットを超える可能性がある。毎秒10ギガビットなら新聞の朝刊1200日分を1秒で送信可能で、フルハイビジョンの高画質動画をリアルタイムで閲覧できる。

ただ関係者によれば「端末の通信速度よりもシステム全体としてのスループット向上が求められている」と話す。11axは、無線周波数の利用効率を高めることでシステム全体としての実効的な速度を高めることを主眼としているのだ。東京の都市部など、無線LANのアクセスポイントが密集して配置されたり、隣接した周波数で様々な無線サービスが運用されたりしている環境でも、スムーズなデータ通信を実現することで、使い勝手を高める。

背景には、都市部での無線LANサービスへの不満の声がある。ビルなどが密集した地域でアクセスポイントが無秩序に設置されていたりすると、電波干渉などにより実効的なスループットが大幅に低下する場面がある。こうなると、「いくら最大能力が毎秒数ギガビットといっても、実際にはスピードが全然出ないことも多い」(ある11axの関係者)というのだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]