/

この記事は会員限定です

えちぜん鉄道、「看板娘が添乗」で乗客増える

[有料会員限定]

沿線人口が減り、経営環境が厳しいローカル鉄道は多い。そのなかで乗客数が過去最高を更新したのが、えちぜん鉄道(福井市)だ。事故を起こして運行停止となった京福電気鉄道の福井県内路線を第三セクターとして引き継ぎ、2003年に運行を再開した。逆風にもめげず、住民目線のサービスで快走している。

アテンダント、機械化より効果

白いボディーに鮮やかな青色のラインの車両が、田園地帯をガタゴトと走る。えちぜん鉄道の営業キロ数は53キロメートル。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1803文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン