3月解禁、信じていいの?疑心渦巻く就活後ろ倒し

(1/6ページ)
2015/1/26 7:00
保存
共有
印刷
その他
 初めての就職活動は分からないことだらけ。直接企業に質問しづらいことも多いし、口コミ情報がどこまで信用できるかも不安だ。そんな悩みを解決する「就活探偵団」。就活生の疑問に答えるべく、あなたに代わって日経記者が企業に突撃取材します。

就活戦線の訪れとともに日経電子版「就活探偵団」の連載が再開します。今シーズン最初の質問は「3月解禁を信じても大丈夫でしょうか?」

多くの就活生が訪れた企業の就活セミナー(1月10日、東京・新宿)

多くの就活生が訪れた企業の就活セミナー(1月10日、東京・新宿)

2016年卒採用から就活スケジュールが変わる。大手企業の説明会は3年生12月から3月に、面接は4年生4月から8月に「後ろ倒し」となる。本当に「3月解禁」は守られるのだろうか。就活スケジュールの実態を調査した。

■「きっちり指針は守る」と商社

「3月解禁」は経団連が13年9月にまとめた「採用選考に関する指針」に基づき、会員企業に要請したものだ。経団連に加盟していない外資系企業など一部で採用活動は始まっているが、多くの就活生が入社を希望する経団連傘下の企業は、この指針に基づいたスケジュールで採用活動をすると世間では考えられている。

まずは経団連に加盟する大手企業に正面から聞いてみる。

「指針通りにきっちり進める。インターンやリクルーターで目星をつけた学生を内々定などの形で確保しておいて、(面接解禁の)8月1日に『はい内定』ということはしない」。住友商事の高橋勇採用チーム長は明言するが、もともと「後ろ倒し」を言い出したのは商社業界なので、これは当然。

毎年、大量採用するメガバンクも「3月広報、8月選考を守る」(三菱UFJフィナンシャル・グループ)。なにを聞くのかと言わんばかりの返答だった。

■水面下では別の動き

しかし、連載開始から4シーズン目を迎える「就活探偵団」は過去、採用の最前線で企業が表と裏の顔を使い分ける様々な場面に出くわした。16年卒予定の就活生に話を聞いてみると、水面下で表向きとは別の動きをしている。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

就活探偵アーカイブ

電子版トップ



[PR]