/

3月解禁、信じていいの?疑心渦巻く就活後ろ倒し

 初めての就職活動は分からないことだらけ。直接企業に質問しづらいことも多いし、口コミ情報がどこまで信用できるかも不安だ。そんな悩みを解決する「就活探偵団」。就活生の疑問に答えるべく、あなたに代わって日経記者が企業に突撃取材します。

就活戦線の訪れとともに日経電子版「就活探偵団」の連載が再開します。今シーズン最初の質問は「3月解禁を信じても大丈夫でしょうか?」

多くの就活生が訪れた企業の就活セミナー(1月10日、東京・新宿)

2016年卒採用から就活スケジュールが変わる。大手企業の説明会は3年生12月から3月に、面接は4年生4月から8月に「後ろ倒し」となる。本当に「3月解禁」は守られるのだろうか。就活スケジュールの実態を調査した。

「きっちり指針は守る」と商社

「3月解禁」は経団連が13年9月にまとめた「採用選考に関する指針」に基づき、会員企業に要請したものだ。経団連に加盟していない外資系企業など一部で採用活動は始まっているが、多くの就活生が入社を希望する経団連傘下の企業は、この指針に基づいたスケジュールで採用活動をすると世間では考えられている。

まずは経団連に加盟する大手企業に正面から聞いてみる。

「指針通りにきっちり進める。インターンやリクルーターで目星をつけた学生を内々定などの形で確保しておいて、(面接解禁の)8月1日に『はい内定』ということはしない」。住友商事の高橋勇採用チーム長は明言するが、もともと「後ろ倒し」を言い出したのは商社業界なので、これは当然。

毎年、大量採用するメガバンクも「3月広報、8月選考を守る」(三菱UFJフィナンシャル・グループ)。なにを聞くのかと言わんばかりの返答だった。

水面下では別の動き

しかし、連載開始から4シーズン目を迎える「就活探偵団」は過去、採用の最前線で企業が表と裏の顔を使い分ける様々な場面に出くわした。16年卒予定の就活生に話を聞いてみると、水面下で表向きとは別の動きをしている。

「就活イベントで知り合った大手食品会社の人事担当者から、『一度会社に来て』としつこく誘われています」(法政大3年生)

「大手コンビニのインターンシップに参加したら、『説明会きて』『今度飲み会やるから来て』という誘いが頻繁に来るんです」(早大3年生)

「在京テレビ局が秋に開いたインターンに参加した後、冬のインターンにも参加してほしいといわれました。なぜかわかりませんが、このことは誰にも言わないように口止めされ、さらに他社のインターンで内々定をもらっていないかどうかまで念入りに確認されました」(上位校3年生)

後ろ倒しが採用難に輪

いずれも経団連に加盟しており、業界を代表する企業だ。説明会の解禁前に優秀な学生に目星をつけて囲い込み、採用につなげようとしているのは明らか。表だって「説明会」を開いているわけでないので「解禁破り」と言い切れないかもしれないが、インターンで段階的に選別している点などは、実質的な採用活動に近い「青田買い」だろう。

ここまでやるのは企業にもワケがある。16年卒採用は例年になく、採用が厳しくなることが確実視されている。景気回復を受け、昨シーズンからは就活生有利の売り手市場。「昨秋時点で15年卒の内定率は前年度比8ポイントも高い」(専修大)など、各大学で軒並み内定率があがっている。就活スケジュールの変更が採用難に輪をかける可能性が高い。

昨シーズンまでのスケジュールであれば、4月の面接解禁から10月の内定式まで、企業は6カ月の選考期間が確保できた。ところが、「8月面接」の新スケジュールでは実質2カ月にまで短くなってしまう。「8、9月だけで昨年並みの300人を採用できるだろうか……」(建設大手)、「大手でも知名度がないBtoBの企業は苦労しそう」(通信会社)。企業の採用担当者からはこんな不安の声が漏れてくる。不安に駆られた人事が早め早めに動こうとするのは無理もない。

「守るのは商社とメガバンク、東レぐらい」

経団連加盟企業も「3月解禁」が守られるとはあまり信じていない。大手精密機械の採用担当者は「3月説明会、8月面接の解禁をちゃんと守りそうなのは(採用に強い)商社とメガバンク、あとは経団連会長会社の東レぐらいじゃないの」と言う。この会社も8月面接解禁を待たず、6月から理系人材の採用を始めるつもりだ。

ある就活支援企業の担当者も「聞いた限りでは、まともに3月説明会、8月面接をやる会社はない。だいたい6~7月までにファストパス(内定予約)を出す会社が多い」という。

人材コンサルティングのHR総研(東京・港)が実施したアンケートには、こうした証言を裏付けるような数字が並んでいる。

「スケジュールを守れない」と答える企業が圧倒的に多い(1月23日、神奈川大の掲示板)

「いつから面接を始めますか」の質問に対し、経団連の指針どおりの「8月」と答えた企業は大手製造業(従業員1000人超)で4割にすぎない。非製造業にいたっては、従業員1000人超の大手でさえ、「8月」との回答はたった2割。「非製造業では面接開始は8月より、むしろ3月の方が多いという結果が出ています」(HR総研主任研究員の松岡仁さん)。

探偵は取材に訪れた神奈川大学で「大半の企業はスケジュールを守らない」ことを如実に示した光景に出会った。学内説明会の申し込みなどで大学を訪れた企業に対し、掲示板に貼った紙に「スケジュールを守る」「守れない」のどちらかにシールを貼って下さい、と頼んだところ、1月23日時点で「守る」シール13に対し、「守れない」は107。「守る」比率は10%にすぎなかった。

これほど指針が軽く見られているのはどうしてなのか。昨シーズンまでの「倫理憲章」に比べ、拘束力が後退したことが指摘されている。倫理憲章は「就活スケジュールを守る」と意思表示した企業がサインしたもので、ある程度は心理的な拘束力は期待できた。しかし、「指針には『自己責任の原則において』とただし書きがあり、強制力がない」(大手採用支援会社)。

大学も「3月解禁を信じるな」と指導

かくして企業は水面下で動き回り、その焦りが就活生、大学にも伝染していく。上智大3年生の山本幸一君(仮名)の周辺ではこんな噂が広まっている。「今年は内定受諾の返事をする期限が早めに切られる。金融、メーカーは4月ごろから選考が始まって内定がすぐに出て、返事の期限が6月末。商社は7月から選考が始まり8月1日に即内定」。本来なら面接も解禁されていないので内定は出ないはずだが、水面下での企業の激しい「採用活動」を見ると、「単なる噂」と笑い飛ばせない。

大学側も3月解禁を、はなから信じていないようだ。

「経団連指針をちゃんと守る会社はおそらく半分もないから、例年と同じように『12月説明会解禁』のつもりで動くように学生には指導している」(明治大就職キャリア支援センター)。立命館大3年女子の就活生は「大学からは『3月解禁を信じるな。前もって動け』と指導されています」と話す。

 もともと大学側は就活後ろ倒しについて、「学業に専念できる時間が増えるのが望ましい」と賛成多数だったはず。それが、手のひらを返したように「3月解禁を信じるな」というのは学生を指導する立場としていかがなものかと感じるが、「企業の採用担当者と話をすると、早めに動かないと就職率に確実に影響すると思った」(上位校キャリアセンター担当者)。大手企業への就職状況が大学の入学者数を左右する現実を前に、やむを得ないということのようだ。

すでに疲れている就活生

企業の動きに対応しようとする大学に対し、今度は企業側から「(大学の)キャリアセンターが学生をあおりすぎでは……。教授に伝染して指針破りにつながらないか心配」(大手IT系企業採用担当)など批判の声があがる始末。例年になく、就活戦線には疑心が渦巻き、就活生もいや応なく巻き込まれる。企業や大学の焦りを敏感に受け止める真面目な就活生ほど動きは早いが、心労も多い。

「就活後ろ倒しというけれど、夏のインターンから就活は始まっているので就活が長くなった感じがする」――。東洋大3年の女子就活生はすでにちょっと疲れた様子だ。東京理科大大学院生は「8月の面接と卒論が重なってしまいます。同時にこなせるでしょうか……」と7カ月先のことが心配で仕方ない。なかには、「大学生はそもそも勉強しないので、就活スケジュールを後ろ倒ししても無意味」(上智大3年生)と妙に達観して動じていない就活生もいたが、これは例外だろう。

「温まっている学生」と「寒い学生」――。今シーズンの就活で企業の採用担当者や大学のキャリアセンター担当者らがよく口にする言葉だ。大学の指導によってすでに臨戦態勢に入っている就活生と、3月解禁のつもりでのんびり構えている学生の二極化が顕著になっているという。

「早く動いた方がいいといくらいっても、昨シーズンの先輩の楽な就活を聞いている学生は理解してくれない。今シーズンはどうなるか不安」。中堅大学のキャリアセンター担当者は打ち明ける。企業は早いタイミングで内定を出すので、「寒い学生」はなかなか内定をとれず、ズルズルと就活が長引くことを心配している。

例年以上に長丁場になると聞けば、就活生はうんざりしそうだが、その分チャンスも多い。それを裏付けるような話もある。「10月の内定式ギリギリまで採用は終わらないだろう」(IT系企業)、「8月に内定を出した後、秋採用をすぐに始める企業も多いと聞いている」(上位校キャリアセンター)。「温まっている」学生はスタートダッシュにかけてもいいし、「自分はまだ寒い」「出遅れた」と思った就活生は長丁場を見据えて臨むというやり方もある。

調査結果

「3月解禁」を額面通りに受け取らないほうがいい。早めの準備を。

 次回は2月5日(木)に掲載予定です。
松浦龍夫(まつうら・たつお) 2002年同志社大商学部卒。大学時代に唯一まじめに読んだ書籍の作者が面接官という偶然に恵まれ日経BPに入社。12年から日本経済新聞社編集局に出向。相槌をうつ隙さえ与えない熱いマシンガントークが売りだが、肝心の取材相手をも沈黙させる弊害も…。
齋藤勇紀(さいとう・ゆうき) 2006年早稲田大学政治経済学部卒。営業職志望で就活するも、ことごとく失敗。挫折しかけたが、周りの学生が見落としがちな「新聞社の営業採用」を目ざとく見つけ、日経にすべり込む。13年春、編集局に異動。「営業もできる記者」として取材をしながら読者を増やそうと奮闘中。
 「お悩み解決!就活探偵団」では読者の皆様からのご意見、ご感想を募集しております。こちらの投稿フォームからお寄せください。
読者からのコメント
50歳代男性(情報処理、SI、ソフトウェア)
経団連企業が守るのは当然だろうが、それ以外は関係ないだろう。
40歳代男性(コンサル・会計・法律関連)
経団連に所属している企業が守ることを約束して設定した指針であれば、守るべきだと思う。
40歳代男性(その他)
設問に「守る」という動詞の主語がないので「加盟各企業が守るべきか?」と読み替えるが、紳士協定であればこそ法的拘束力や罰則がない規則以上に厳密に守られることがビジネスである。
60歳代男性(卸売・小売業・商社など)
そもそも新卒一括採用はやめる方向とすべき。通年採用として、一方で雇用ももっと流動化すべき。
30歳代男性(その他製造)
知名度の低い中小企業にとっては死活問題。いっそのこと中小企業は12月スタート、大手は3月スタートで罰則を設けるべきでは。
60歳代男性
よかれとした決めごとは守った方が民主的な世の安定のためには好ましいことです。異論を唱えるのは決める前だけにしましょう。
50歳代男性(飲食店・宿泊)
建前と実際が違いすぎるのだから、かえって学生が混乱する。
50歳代女性(卸売・小売業・商社など)
新卒一斉採用から脱却して、既卒も中途採用も含めて採用のタイミングに幅を持たせる中で、双方の自由度を増やすべき。そして1年生で内定する学生もありではないでしょうか。
60歳代男性(卸売・小売業・商社など)
日本の就活の現状を無視した考えです。企業の都合とはいえ仕方がないのでは。それで勉強しなくなる学生はそれなりの学生でしかないということです。
50歳代男性(電気、電子機器)
今年就活する学生の親としては、決めた約束事は守って欲しいと思いますよ。 守れない企業には、経団連として厳罰をもって対処してほしいものだ。
50歳代男性(教育・教育学習支援関係)
2ヵ月間で入社試験と数回の面接を行うとなると事前に出身大学等で就活生を絞り込むなど選抜方法を劇的に変えるしかない。また国の公務員採用試験が6月では民間だけに遵守せよは無理がある。
50歳代男性(コンサル・会計・法律関連)
できない約束は、しないのが賢明です。
70歳代以上男性
学業をきちんとさせる為にも指針を、守らせる事が必用。
40歳代男性
多少違いはあれども、バブル期の採用と一緒。企業は今、その時に大量採用した社員の処遇に苦労していると思うのだが、また同じことを繰り返すのか?
60歳代男性(コンサル・会計・法律関連)
経営者は嘘つきが多いでっせ。気をつけなはれ。
たとえ経団連加盟企業が指針を守ったとしても、学生側から見れば「経団連以外の企業から内定を取る」時期と「経団連企業相手」と、就活を2回行わなければいけなくなるだけ。就活期間は短くならない。
60歳代男性(電気、電子機器)
思うけど、守るかは別では。
40歳代男性(建設)
罰則など設けてでも経団連加盟企業は守るべきだ。なんのための経団連指針なのかわからないし、事前に採用選考に準じた行動をするのはあまりにも卑怯すぎる。
60歳代男性
国内企業の指針として守るべきだと思う。但し、事前に対応が大きく変わる学生・大学の事情等が十分考慮されたのか検証したうえで今後の方針を決めて欲しい。
従来の日程は3年次の春休みを有効に使えて、4年の夏以降は卒論や卒業研究に専念できた。新しい日程では、4年次のほぼすべてが就職活動に支配されてしまいそう。
60歳代男性(その他)
自由競争とはいえ、ルールは必要です
50歳代男性(放送・広告・出版・マスコミ)
一旦決めた以上は守るべきでしょう。いろいろ抜け道を考えて守らないのはいかがなものか。守れない指針なら作るべきではない。守らない企業はいろいろ言い訳するだろうが、決定までのプロセスで言うべき。
50歳代男性(自動車、輸送機器)
息子が来年4年生です。昨年末よりインターンを始めています。後期試験終了の2月からインターンのスケジュールはかなりタイトのようです。大学もそういう指導はしているみたいです。
50歳代男性(運輸)
そもそも一流大学卒の一流企業入社希望者以外に「解禁」など意味が無いと思う。学生に、卒業時即就職という確立された常識がはびこる世論こそが下らない過当競争を生む原因。就職はもっと自由な選択肢を
20歳代以下男性
私は今年就活生ですが、企業の言うことや大学のキャリアセンター、就活サイトの発言内容に矛盾が生じていて、正直混乱している。守れないのであれば、混乱を招くだけなのでこの指針は無意味ではないかと思います。
50歳代男性(電気、電子機器)
思うが、経団連に加入、未加入での差をどうとらえるかが問題。一括採用もそろそろ限界に来ていると思うが。
40歳代男性(その他製造)
加盟している大企業だけ従っていればいいと思います。
50歳代男性(運輸)
少子化の中優秀な人材を確保するには、指針なんて真面目に守る必要はない。
40歳代男性(素材)
ルールを決めたんであれば守るべき。
40歳代女性(その他)
おじいちゃんに、「あなたは、必死で掴もうとしないのですか」と、言われました。
20歳代以下女性(人材サービス)
指針があるのであればまもるべきだと思う。守らないのであれば、そんな指針はいらない。
各企業の勝手な都合のために指針を守らないというのは、もうやめていただきたい。企業が指針を守らないことで3月解禁だと考えていた就活生は不利益を被るため、企業の信用問題につながるのではないか。
決めたルールは守るべき。ただ、正直にルールを守る企業がバカを見ることもある(あった)そうで、これからもそんな疑心暗鬼が残るのではないだろうか?
70歳代以上男性
今までが、異常な青田刈りで経団連の「採用選考に関する指針」は正常です。
20歳代以下男性
まず今回の邪悪な採用選考指針の改悪には反対。大人共は、就活が長引くとどれ程学生の精神的な負担が増すか、どれほど学業に影響を及ぶか1度その空の頭を冷やして考え直すべき。これは現役学生全体の意見でもある
青田刈りであろうがなかろうが、最終的に働く場所を決めるのは本人であり、企業側が勝手に決めるのはおかしでしょ。
60歳代男性(コンサル・会計・法律関連)
経団連加盟会社としては当然のこと。それも守らずにコンプライアンスなんて、論理的に破たんしているでしょう。
JA全中への箍と同様、責任ないので、少し脇に除けていて!!採用する側の権利 VS 義務が重要。
始めるのならば一律に始めてほしい。企業によって方針がバラバラだと、その企業の動向を探るのに時間がかかり、結果学業へ割く時間が減るのでは?
70歳代以上男性
企業の新卒、4月1日採用を前提に指針が出てる訳だが、4月1日採用が会社の為と思う背景が理解できない。IT業界など成長分野では、経験者の中途採用が増えてる。企業は新卒との採用バランスを見直してみては。
選考時期は厳密に守るべきである。早くから就職活動をすると勉学がおろそかになる。「就活がありますから欠席します」と学生の本分を忘れて言ってくる学生が多い。就職が決まっても卒業要件は守らせるべき。
40歳代男性(運輸)
本来は企業の自主性に任せるべきだとは思いますが、少なくとも現時点では、採用される側(学生)にとっては何らかの基準がないと不安が大きいのではと思います。
50歳代男性(不動産)
ルール守るべきであるし学生が、もっと勉強する時間が、必要と思う。
50歳代男性(金融・証券・保険)
優秀な人材を優秀な企業が優先的に採用するのは当然。それに納得いかなければ優秀な人材になるように各自が努力すべき。
50歳代女性(コンサル・会計・法律関連)
企業も、採用方法を変えたいはず。指針に従い、横並びのままでは、授業を二の次にして、まるでセンター試験を受けるような就職活動は変わらない。
20歳代以下男性
大学は研究機関であり、就職のための学校などではない。学部4年や修士2年の一番研究に力を入れさせられるタイミングを就職活動に割くなど言語道断。
40歳代男性(卸売・小売業・商社など)
フリーになれば教育も何もなくなる

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン