/

新大阪駅改造、「おおさか東線」18年度全線開業へ

日経コンストラクション

JR西日本は、2018年度末に全線開通を予定している「おおさか東線」の新大阪駅への乗り入れに向け、同駅の在来線3号ホームの切り替え工事を完了した。これまで2号ホームに設けていた13番線と14番線の乗り場を3号ホームに移設し、2015年1月18日早朝から使用を開始した。

新大阪駅で2015年1月18日早朝に切り替え工事を終えた在来線3号ホーム。段差を解消し、エスカレーターを増設。LED照明に切り替え、消費電力の約35%削減を目指す。写真は同年1月18日に撮影(写真:JR西日本)
おおさか東線の整備計画図。同線は新大阪―久宝寺間の20.3kmを結ぶ。久宝寺―放出間(9.2km)は2008年に開業。残りの放出―新大阪間(11.1km)は2018年度末に開業する予定だ(資料:JR西日本)

おおさか東線は、新大阪―久宝寺(大阪府八尾市)間の20.3kmを結ぶ新線。JR西日本や大阪府、大阪市などが出資する第三セクターの大阪外環状鉄道(大阪市)が事業主体となり、単線の城東貨物線を複線化して、大阪府東部を南北に貫く新たな旅客線を整備する。

2008年に久宝寺―放出(大阪市鶴見区)間の9.2kmが開業し、残りの放出―新大阪間の11.1kmは2018年度末に開通する予定だ。

おおさか東線は、新大阪駅では1号ホームの11番線と12番線に乗り入れる予定。それに対応するためJR西日本は、2011年から同駅のホームの切り替え工事を順次進めてきた。

新大阪駅には元々1号から4号の4在来線ホームがあったが、おおさか東線の乗り入れに対応するため、2012年12月に5号ホームを新設。4号ホームにあった17番線と18番線の乗り場を5号ホームに移設した。続いて、4号ホームも切り替え工事を実施。3号ホームの15番線と16番線を4号ホームに移設した後、3号ホームの切り替え工事に着手していた。

新大阪駅の在来線ホームの配置図。3号ホームの切り替え工事を実施。2号ホームに設けていた13番線と14番線の乗り場を移設した。軌道のカーブを緩和するなどして、列車とホームの隙間を縮めた(資料:JR西日本)

3号ホームの切り替え工事は、JR西日本と大鉄工業(大阪市)など協力会社の従業員を合わせた総勢500人体制で臨み、2015年1月18日午前零時過ぎから5時ごろにかけて、軌道や電力設備の移設、分岐器の据え付けなどを実施した。工事では列車とホームの隙間を縮め、段差も解消。最大30cm以上あった列車とホームの隙間は、軌道のカーブを緩和するなどして10cmほど縮小した。

JR西日本は、3号ホームの切り替え工事を終えたことで、引き続いて2号ホームの工事に取り掛かる。

(日経コンストラクション 谷川博)

[ケンプラッツ 2015年1月21日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン