/

この記事は会員限定です

ミセス・ワタナベを襲ったスイス・ショックの教訓

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

スイス国立銀行(中央銀行)による無制限為替介入の終了を受けたスイスフラン高騰は、外国為替証拠金(FX)取引の利用者(通称、ミセス・ワタナベ)に大きなショックを与えた。既に海外では業者が破綻。国内の取引にも影響が及んでいる。低コストで自由度も高い外貨取引が可能な点がFXの魅力だが、その裏側にはリスクもあることを忘れてはならない。今回の騒動を踏まえ、教訓を考えてみた。

騒動のきっかけは、15日のスイス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2016文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン