/

米メディア10社、報道のドローン利用で提携

ITpro

米ニューヨーク・タイムズや米ワシントン・ポストなど米メディア10社は現地時間2015年1月15日、報道分野での小型無人飛行機(ドローン)利用に関して米バージニア工科大学と提携したことを明らかにした。この提携は「ニュースメディアが現実の取材活動においてドローンを利用する一連のシナリオを、法規にのっとり、安全にテストすることが目的」としている。

バージニア工科大学は、ドローンの試験飛行場として米連邦航空局(FAA)が選定した6大学・機関の1つになっている。同大学とメディア10社は、災害現場や事故現場など危険を伴う撮影や監視にドローンを使用するニュース報道のテストを実施する。

ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストのほか、米Advance Publications、米A. H. Belo、米Associated Press、米Gannett、米Getty Images、米E.W. Scripps、米NBCUniversal、米Sinclair Broadcast Groupが参加する。

なお2015年1月13日には米CNNが、報道向けドローン利用のテストに関してFAAおよび米ジョージア工科大学との提携を発表している。

ドローンの利用を巡っては様々な業界が強い関心を示しているが、商用ドローンに関する明確な規則はまだ定まっていない。米Amazon.com(アマゾン)はドローンを用いた配送システム「Amazon Prime Air」の開発に取り組んでおり、屋外テストの許可をFAAに申請している。また、Google(グーグル)もドローンを使った配送システムの開発プロジェクト「Project Wing」を進めている。

[ITpro 2015年1月16日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン