2017年12月15日(金)

小型核融合炉、10年以内に実用化 ロッキードが特許取得

科学&新技術
(1/2ページ)
2015/1/28 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 航空宇宙大手の米Lockheed Martin(ロッキード・マーチン)は、大型トラックに積載できるほど小型の核融合炉(CFR:compact fusion reactor)で100MWの電力を発電する技術を開発しており、10年以内の実用化にメドを付けたと2014年10月15日に発表した。2014年10月9日に、その特許が公開されたことを受けた発表だったとみられる(図1)。

 同社によると、化石燃料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

ロッキード・マーチン核融合

原子炉の次世代に向けた動きは

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報