/

「ハイレゾバブル」に沸く音響業界 膨らむ経済圏

ハイレゾリューション(ハイレゾ)音源に対応した音響(オーディオ)機器の市場が広がり始めた。ハイレゾはCDより高音質なのが特徴で、当初はマニア向け製品が中心だった。ここに来てNTTドコモの冬春モデルのスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)全機種がハイレゾ対応になった。高い音質に注目が高まり、レコードプレーヤーを久々に発売するメーカーも現れた。ハイレゾ経済圏がけん引役となり、オーディオ機器市場の厚みが増している。

スマホで買うと自宅にダウンロード

「ハイレゾ音源をいかに気軽に楽しめるかがテーマだ」――。オンキヨーの中野宏副社長はこう話す。同社は昨年秋から「モバイル、PC(パソコン)レス」をテーマにハイレゾ音源を楽しむ人の裾野を広げようと躍起になっている。NTTドコモがハイレゾ対応したのにあわせ2014年10月、ハイレゾ音源の配信サイト「e-onkyo music」のスマホ版サイトを開設した。

05年にPC版を開始した国内最大規模のハイレゾ音源配信サービスで、スマホ対応により外出先で視聴や決済、ダウンロードなどがより手軽になった。配信する楽曲は13年までに約3万曲だったが14年には約7万曲に増え、ラインアップが充実した。独自コンテンツにも取り組み、シンガーソングライターの山崎まさよしさんのライブをハイレゾで配信も行っている。

情報量が大きいことからデータのダウンロードに時間がかかる難点も克服しようと試みる。台湾のQNAPとネットワーク対応ストレージ(NAS)を共同開発。外出先でスマホから購入手続きを済ませると、自宅のNASにハイレゾ音源が自動的にダウンロードされるため、帰宅後すぐに聴くことができる。

ソニーは米家電見本市でウォークマンの上位機種「NW-ZX2」を発表した(米ラスベガス)

オーディオ機器メーカーも矢継ぎ早に対応製品を投入する。パイオニアは14年12月、世界で初めてiPhoneなどスマホに保存したハイレゾ音源をワイヤレス再生できる「Stellanova(ステラノヴァ)」を発売した。デジタル音源を再生するための「USB DACアンプ」やワイヤレスユニット、スピーカーで構成する。独自の転送方法により、無線LAN経由でも大容量のハイレゾ音源をやりとりできるようにしたのが特徴だ。「ハイレゾ音源でもいち早くスマホからワイヤレス再生できるよう対応した」(パイオニア)という。

ソニーは昨秋、ハイレゾ対応のオーディオ機器として世界最小・最軽量のモデルを発売した。13年に発売し好評だったフラッグシップモデルの「NW-ZX1」(実勢価格7万円強)の追加モデルで、2万5000円程度からと手ごろな価格とした。当初予想を上回る売れ行きといい、手応えを感じている。

年明けの米家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」ではZX-1の後継製品も発表。店頭想定価格が1200ドル前後(約14万円)の最上位機種で、幅広いラインアップで需要拡大を狙う。

意外な伏兵「レコードプレーヤー」、良さが再認識

オンキヨーのショールーム内ではロックやジャズなど様々なジャンルのレコードが試聴できる

ハイレゾ人気を受けて良さが再認識されたのがレコードプレーヤーだ。e-onkyoを運営するオンキヨーエンターテイメントテクノロジーの黒沢拓ネットワークサービス部ディレクターは「ハイレゾ音源とアナログレコードを買い求める人に共通するのは『音楽をより良い音で聴きたい』という願望だ」と指摘する。

「レコードって初めて見た。クイーンが好きなんです」。東京・八重洲にあるオンキヨー・ギブソン・ティアック3社のショールームでレコードの音に聞き入っていたのは20歳代後半の若い女性。「思っていた以上に、レコードプレーヤーの前で若い人が立ち止まる」。ショールームイベントの企画を手がける営業・マーケティング本部の本谷恵佑氏は、思わぬ恩恵に驚きを隠さない。

人気の高まりを受けオンキヨーは1月下旬、約30年ぶりにレコードプレーヤーを発売する。きゃりーぱみゅぱみゅなど若者に人気のアーティストが限定版レコードを出すなど、追い風も吹く。5万円程度に抑えたが、回転盤など音質に直結する素材にはとことんこだわった。海外でも販売する予定だ。

パイオニアも14年9月に新型プレーヤーを発売済み。「CDでは収録していない周波数帯の音もそのまま再現できることが、アナログプレーヤーの需要を高めている」(パイオニア)という。

国際レコード産業連盟によると、2013年の世界のレコードの売上高は前年比27%増の2億1800万ドル。06年の3400万ドルを底に拡大傾向にある。国内も同様で、日本レコード協会によると2010年を底にアナログレコードの生産金額は上昇し、14年の1~11月までで前年同期比の1.5倍以上だという。

CDの登場から約30年。長い目で見れば、デジタルとアナログの相乗効果こそがオーディオ機器業界を支える鍵になるかもしれない。

(大阪本社経済部 西岡杏)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン