図書館の新しい使い方 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

図書館の新しい使い方

[有料会員限定]

このところ大学の世界では「アクティブラーニング」という言葉が大流行です。従来の大学教育は、教授が一方的に講義し、学生は静かにノートを取るという方法が一般的でした。それではいけない。学生たちが、能動的に、アクティブに学び取る形にしなければ。これが、現在の大学人の間での問題意識です。

コーヒー持ち込んで議論してもOK!

私が所属する東京工業大学でも、アクティブラーニングを導入しようと、先生たちが知恵...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1390文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

ジャーナリストで東京工業大学特命教授の池上彰(いけがみ・あきら)さんの連載コラムです。経済や教養、若者の学び方や生き方、さまざまなニュースや旬のテーマを、池上さん独自の視点・語り口で掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません