/

この記事は会員限定です

放射性廃棄物の地層処分 中学生が下したその是非

編集委員 滝順一

[有料会員限定]

行き場が見つからない高レベル放射性廃棄物の処分問題について、中学生が現場で学び討論する催しが1月10、11日に開かれた。廃棄物を地下深く埋める地層処分技術の研究に取り組む日本原子力研究開発機構の瑞浪超深地層研究所(岐阜県瑞浪市)で地下の岩盤の性質を調べている坑道などを見学した後、地層処分をどう考えるか議論し互いに発表しあった。

進行役は高校生、中学生22人が徹底議論

催しに参加したのは青森、新潟、神奈川、愛知、福井、京都、島根の7府県の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3081文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン