/

この記事は会員限定です

「IoTの祭典」に見た熱気と課題 米CESレビュー

[有料会員限定]
 米ラスベガスで先週開かれた世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」は、自動車から住宅、アクセサリーまであらゆるモノがインターネットにつながる世界がすぐそこまで来ていることを印象づけた。会場を埋め尽くした「インターネット・オブ・シングス(IoT=モノのインターネット)」関連の製品やサービスは「スマートフォン(スマホ)の次」と期待される巨大市場への各社の意気込みを映す一方、課題も浮き彫りにした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2225文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン