Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シリコンバレー有力VC、日本ITベンチャーこう見る
米DCMの本多央輔・日本代表に聞く

(1/3ページ)
2015/1/12 7:00
共有
保存
印刷
その他

 シリコンバレーから次々と生まれるIT(情報技術)ベンチャー。急成長し、一気に世界へと羽ばたく企業も少なくない。彼らの後ろ盾となり、資金や経営で支援するのがベンチャーキャピタル(VC)だ。シリコンバレーのVCの中でも日本で活発に活動しているのがDCM(カリフォルニア州)。昨年12月19日には日本での投資先でネット広告関連事業を営むサイジニアが東証マザーズに株式を新規上場し、話題を呼んだ。DCMは国内ITベンチャーの現状をどう分析しているのか。日本代表を務める本多央輔氏にその本音を聞いた。

■注目株は中小企業向けにあり

 ――近年、どんな方針で投資活動を国内で行っているか教えてください。

米DCMの本多央輔日本代表
画像の拡大

米DCMの本多央輔日本代表

 SMBと呼ぶ中小企業向けのサービスを提供するベンチャーに注目している。会計サービスのfreee(東京・品川、佐々木大輔社長)と予約システムのクービック(東京・渋谷、倉岡寛社長)が代表的な投資先だ。

 経理関連業務は、企業の運営に欠かすことができない。社員が少ないベンチャーや中小企業の経営者は、稼ぐための本業に費やす時間を削って対応せざるを得ない。freeeは、簡単な入力で経理業務を済ませられる。

 もう一つのクービックは、SMBの中でもネイルサロンやヘアサロンに特化して、顧客管理・予約システムを提供している。米国では飲食店向けでイェルプが成長しているが、それと似たようなサービスだ。すでに利用企業は数千社に及んでいる。悪くない成長だと思っている。将来は、各店舗が顧客向けに提供するメディアにすることも考えている。

 両社とも、これまでの日本にはないユーザー体験を提供している。

 ――両社に投資を決めた決め手はなんでしょう。

 成長市場であることはもちろんだが、両社ともチームのメンバーが充実していた。freeeの佐々木社長は、グーグルでSMB関連の事業の責任者だった。クービックの倉岡社長はグーグルやグリーでサービスを運営していた。2人とも、「プロダクトファースト」で鍛えられているうえ、SMBの顧客を開拓するマーケティングの経験があることが投資判断の決め手になった。

 加えて2社が狙う市場は、パッケージソフトなどを手掛ける既存のプレーヤーがイノベーションのジレンマに陥り、自社の従来サービスとの食い合いを懸念してクラウド分野に進出できていなかった。

 ――創業間もない時期から投資していますね。

 クービックは一昨年10月に会社ができ、昨年1月に投資した。freeeにも同様にシードラウンドという早い段階から投資している。2011年に組成したスマートフォン(スマホ)向け基本ソフト(OS)のアンドロイド関連のベンチャーに投資する「Aファンド」から投資した。アンドロイドと相性のいいクラウド関連のサービスだからだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

ベンチャーキャピタルサイジニア

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2017年7月には米オークリーと提携し、ZERO1の前面に取り付けて目を守る「EDGEシールド」を発表(写真:VICIS)

大学発「軟らかいヘルメット」 脳振とう問題に光明か

米国では近年、スポーツにおける「脳振とう」とそれに起因する障がいが社会問題となっている。この問題の渦中にいるのは、選手同士の激しいぶつかり合いが魅力でもあるアメリカンフットボールだ。…続き (9/25)

日立製作所の笠戸事業所で相鉄20000系を製造している様子(資料:相模鉄道)

相鉄・東急直通線向け新型車 10cm細いボディーに個性

 2022年度下期開業を目指して新線建設工事が進む「相鉄・東急直通線」。相模鉄道(相鉄)は、東急東横線・目黒線を経由して渋谷・目黒方面と直通するこのルートを走る新型車両「20000系」を公表した。車体…続き (9/22)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月27日(水)

  • Apple、新macOS「High Sierra」提供開始。4K HEVCやVR対応、Siriが楽曲提案
  • マイクロソフトが「量子コンピューティング技術」発表、Azureに統合する計画
  • マイクロソフト「HoloLens」で変わるフォード車のデザイン現場

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月27日付

2017年9月27日付

・KDDI、決済を自動化するスマートコントラクトの実証実験
・日東電工、光ケーブル参入 8K映像の普及担う
・がん細胞、強く光らせ識別 九大、内部に蛍光色素
・コンクリの病状 非破壊で調査 前田建設が近赤外線で点検
・警備の東洋テック、業務の質問 AIが回答 電話対応の負担減…続き

[PR]

関連媒体サイト