朝まで残業 「眠らない霞が関」の限界

(1/2ページ)
2015/1/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

真夜中でも、こうこうとした電灯の光が窓から漏れる――。エリート官僚たちの長時間労働から「不夜城」とも呼ばれる東京・霞が関。ワークライフバランスを唱える旗振り役は、先導役にもなれるのだろうか。

■「答弁作成、深夜3時まで」はざら

総務省が入る中央合同庁舎第2号館。臨時国会中の昨年11月のある日、午後9時すぎに庁内アナウンスが響いた。

「すでに指示した部局を除き、待機を解除します」

放送を聞いた若手職…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

働きかたNext 1面の記事

働きかたNext 関連記事

変わる職場・仕事

電子版トップ



[PR]