/

いよいよ「SIMフリー」元年 期待の裏に懸念

2015年はいよいよ日本でも「SIMフリー」が当たり前になる。総務省は、2014年12月22日に「SIMロック解除に関するガイドライン」を改正し、国内の携帯通信会社各社に対し利用者から申し出があれば端末のSIMロックの解除に応じることを義務づけることを決めた。原則として今年5月以降に発売する全機種が対象となる。これまでより自由にスマートフォン(スマホ)が利用できるとして注目を集めている。

好きな通信会社で使える

通信サービスの今後の競争政策を検討する情報通信審議会の特別部会などで通信各社の意見を聞いた上でSIMロック解除の義務化が決定した

現在の携帯電話やスマホではSIMカードというICカードを挿入するようになっている。SIMには電話番号など各社の携帯ネットワークに接続するための情報が入っている。このSIMを別の携帯電話会社のものに入れ替えれば、その会社のネットワークに接続できる。

ただし、現時点で国内の大手通信会社が市販する携帯電話やスマホ、タブレット(多機能携帯端末)の大半は、他の通信会社のSIMカードを挿しても使えないよう「SIMロック」が掛かっている。希望者には、このロックを解除し、どの通信会社のSIMカードを挿しても使えるようにするのが今回の改正の骨子だ。

こうしてSIMロックを解除した状態を、どの会社のSIMでも使えることからSIMフリーと呼ぶ。端末をSIMフリーにすることで、例えばNTTドコモから買った端末のままKDDI(au)の回線に乗り換えたり、ソフトバンクモバイルから買った端末でドコモの回線が使えるようになったりする。

SIMフリーのメリットは、自分の使いたい通信会社のサービスを自由に選べることだ。

自分が日常的に使っている地域で、より安い、あるいはより高速な通信会社があった場合には、端末はそのままでSIMを差し替えるれば乗り換えられる。これまでのように、通信会社を替えたければ、使い慣れた端末から無理やり新しいものに買い替える必要がなくなる。もちろん「格安スマホ」で認知度が広がった仮想移動体通信事業者(MVNO)の通信回線にも簡単に乗り換えられるようになる。

携帯電話やスマートフォンにはSIMカードと呼ぶ小さなICカードが入っている

自分のスマホを世界のどこでも

SIMフリーの端末は海外でもそのまま使える。海外の空港や街角では、カウンターや自動販売機で地元の通信会社のSIMカードを売っていることが多い。それらを日本から持っていった端末に挿せば、これまでのように1日あたり2000~3000円を支払う必要なく現地の安い料金でいつもと同じスマホを使えるのだ。

5月からSIMロックの解除が始まった後、その利便性が広まる契機となりそうなのは、秋に発売が見込まれる次期iPhoneだろう。

 既に14年秋発売の「iPhone6」「iPhone6プラス」では、アップルから直接SIMフリー版が市販されており、大手3社いずれのSIMカードを挿してもすぐに通話・通信できる(現在は一時的に販売停止)。だが、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクモバイルといった大手3社から購入したモデルについては、それぞれの会社のSIMしか使えないようにロックがかかっており、他の通信会社のSIMを挿して使うことはできない。

「iPhone6」と「iPhone6プラス」では通信会社と同時にアップルからSIMフリー版も発売された

だが次期iPhoneでは、大手から購入したモデルでも同様にSIMカードを挿し替えて使えるようになるはずだ。スマホの半分近くのシェアを持つ「iPhone天国」の日本で、iPhoneがSIMフリーになるインパクトは大きい。SIMフリーのiPhoneが普及するにしたがい、日本でもその便利さが広がっていくだろう。

大山鳴動してネズミ何匹?

これまで、SIMフリーを推進して競争を促進したい総務省とSIMロックでユーザーを縛りたい通信各社の間で水面下で激しいつばぜり合いが繰り広げられてきた。曲折の末にようやく義務化にこぎつけたSIMロック解除だが、15年に実際のユーザーが感じるメリットは限定的となりそうだ。

理由の1つはいわゆる「2年縛り」、すなわち2年間の定期契約があることだ。大手と契約したユーザーは通常2年以内に解約すると約1万円の解約料が発生する。また、端末料金を分割で支払っている場合は、解約する時点で残りを一括で支払わなければならない。

その一方で、2年間にわたって毎月スマホの購入代金の一部にあたる金額を月々の利用料金から割り引くお得な契約となっており、「MVNOは安い」と言われても実質負担金ベースで比較すると安さを感じづらい。

大手の回線から別の大手の回線に乗り換える場合も、端末を購入せずにSIMだけを契約する場合は月々の割引が適用されず、結果的に「割高」なプランでしか契約できない。このため、契約期間の途中でわざわざ解約して乗り換えるメリットは案外少ないのだ。

2015年5月以降は各通信会社が発売する全端末でSIMロックの解除ができるようになる

もちろん、2年間の契約が満了した後にSIMフリー端末を手元に残し、そこに安い契約のSIMを挿すことは可能だ。こうなればユーザーにとって、MVNOの料金的なメリットをフルに受けられる。そうした状況に全端末がなるまでの2年間は、SIMフリーの利用はゆっくりとしか進まないかもしれない。

2つめとして、各通信会社の使用する電波が違うことにも注意したい。現在主流のLTEには「FD-LTE」と「TD-LTE」、1つ前の世代の第3世代携帯電話には「W-CDMA」「CDMA2000」と、会社により異なる通信方式を使っている。さらに、それぞれの通信方式について、各社が使う周波数帯は異なる。全ての通信方式、全ての周波数帯をカバーするようなオールマイティーの端末は存在しない。

 そのため、乗り換える際には自分の使いたい通信会社の通信方式と周波数帯をカバーしている端末かどうかを事前に確認する必要がある。単純にSIMを入れ替えただけで、期待通りに使えるとは限らないのだ。

SIMロック解除が進むことで格安スマホへの注目も高まりそうだ

3つめは「独自機能による制約」が残る可能性がある点だ。総務省で義務化するのは、あくまで「SIMロックの解除」だけ。それ以外に各通信会社が端末に組み込んだ独自機能についてまで、乗り換えた場合に使い続けられるとは限らない。

例えばドコモのスマホでは、端末を無線LANの簡易親機にしてモバイルルーター代わりに使う「テザリング」機能が自社の回線を契約した場合しか利用できないことが知られている。同様に「ドコモメール」など通信会社独自のサービスについても、乗り換え後に利用できなくなる恐れがある。

格安スマホには追い風だが…

SIMフリーが当たり前になることで、14年のヒット商品となった格安スマホやMVNOへの注目はさらに高まるだろう。だが、こちらに関しても本質的な影響は限定的となりそうだ。

現在のMVNOのほとんどはドコモの回線を使っている。このMVNOを利用する際、新たにソフトバンクやKDDIの端末についてもSIMロックを解除して使えるはずだ。ただし、KDDIのスマホについては通信方式の違いから音声通話ができない恐れが高いし、ソフトバンクの端末についても周波数帯の違いから満足いく通信速度が得られない可能性がある。

またKDDI回線を採用するMVNOは、最新版のOSを搭載したiPhone6や同5sなどでは全く通信できないというトラブルが起きている。今までは端末と回線を同じ会社が提供しており「相性問題」など起こりえなかったが、SIMフリーではこうした問題が起こることがありえる。

もちろん、大手3社のブランドを冠さず端末メーカーが独自に開発する「"純"SIMフリースマホ」ならば、こうしたトラブルの可能性が低い。台湾エイスース(華碩電脳)や中国ファーウェイ(華為技術)など海外の大手メーカーのSIMフリースマホは、家電量販店やMVNOの直販サイトなどで広く扱われており購入しやすい。まだ数は少ないが、富士通やVAIO(バイオ)など国内メーカーがSIMフリースマホを販売する動きもある。

だが、やはりSIMフリーの世界で最も活躍しそうな端末は次期iPhoneだろう。iPhoneについては、国内の通信各社が扱うモデルはどれも同じで、SIMロックさえ解除すれば違う会社のネットワークでも問題なく使えるからだ。SIMフリー時代でも、そのカギをiPhoneが握るのは変わらなそうだ。

(電子報道部 金子寛人)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン