2020年、ミドリムシで空を飛ぶ 燃料革命が進行

(1/3ページ)
2015/1/5 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

微生物の「ミドリムシ」が飛行機の燃料になる――。ミドリムシといえば小学校の理科の授業で習った記憶しかないという人も多いだろう。実はミドリムシから抽出した油で模型の飛行機がすでに飛んでいるというのだ。灯油に比べ大幅なコスト削減が見込める燃料革命が静かに進む。

東京から飛行機の直行便で3時間半。日本列島の南端に位置する八重山諸島の一つ、沖縄県の石垣島にユーグレナの生産技術研究所はある。ユーグレナはミ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]