2018年5月27日(日)

FX「もうかる人2割」は昔話、14年は55%が利益得る
編集委員 清水功哉

(1/3ページ)
2014/12/26 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)にとって、2014年はなかなか良い年だったようだ。有力業者、外為どっとコムの顧客向け調査によると、年間損益がプラスだった人は全体の55%に達し、収益率(年間損益が投資資金の何%になったか)がプラス10%以上の投資家も29%に達した。10月末の日銀緩和以降の大幅な円安局面で、ドルの値上がり益を手にした例が多かった。「FXでもう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報